メンタル

仕事がうまくいかない!うつ病の特徴と対処法

こんにちわ、池谷です。

 

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

・うつ病になりやすい人の特徴

・うつ病の人の特徴

・うつ病になるとなぜ仕事がうまくいかないのか

・うつ病で仕事がうまくいかないときの対処法とは?

 

 

『うつ病になりやすい人の特徴』

 

・ひとつの物事に熱中しやすく、几帳面、仕事熱心で責任感が強い人。

・凝り性で仕事でも勉強でも徹底してやらないと気がすまない完璧主義の人。

・心身にストレスを蓄積させていて、過労状態の人。

・仕事に対して生真面目で決められたルールを厳格に守ろうとする人。

・周囲にも気遣いを欠かさない常識的な性格の人。

・あくまでルールに則る人。

ルールに固持するあまり、それが上手くいかなかった時にうつ病を発症させてしまようです。

 

 

最近、流行っている「非定型うつ病」にありがちな性格

最近話題に上るのが「非定型うつ病」と呼ばれるタイプのうつ病です。

中高年よりも若者層に起こりやすいとされており、実際に私の友人も高校から大学にかけてこの非定型うつ病にかかっていました。

 

この非定型うつ病の特徴は、

職場ではささいなことを気にして気分が沈んだりイライラしたりするのに対し、

仕事が休みの日は自分の好きなことに没頭し、活動的になる、といった激しい感情の変化があることです。

私の友人の場合は、高校生活、大学生活が嫌すぎて、(というか人と関わるのが極度に嫌になって)平日は落ち込んだ様子を見せていますが、

休日は陽気で明るく、一見誰からも好かれるような性格に変貌していました。

 

非定型うつ病になりやすい人は以下のような性格的特徴を持ちます。

 

 

・幼い頃から手がかからず、成績も優秀

 

・職場でも評価が高いが、ひとたび注意されたり失敗すると大きなストレスになる

 

・他人からの評価を常に気にする

 

・人から嫌われることを恐れて自己主張しない

 

・感情のアップダウンが激しい

 

・基本的に人から嫌われたり批判されたりするのを極度に恐れる

 

 

 

 

『うつ病の人の特徴』

・意欲が出ない。

 

・心から喜べない。心から笑えない

 

 ・ストレスを感じると睡眠障害(不眠症のこと)になる

 

 ・朝起きられない

 

 ・心身とも疲労感を強く感じ体が鉛のように重く感じる。

 

 ・集中力や思考力がなくなる

 

 ・死について何度も考える

・責任ある仕事や役回りに付きたがらない。

 

・問題があるとよく他人のせいにする

 

・うつ病であることを周りに隠さず公言する

 

・嫌なこと(例えば仕事)をする時には症状が出るが、自分の好きなことをしているときは症状は出ないことも多い

 

・良かったり悪かったり、気分の波が大きい

 

・うつ病になった原因を自分ではなく周りの(例えば家族や会社)せいにしがちである

 

・多くは過食や過眠(睡眠時間が長くなる)になる

 

・体重が増える場合も多い

 

 

 

『うつ病になるとなぜ仕事がうまくいかないのか』

 

そもそも、うつ病になると仕事をするということに対して、

やる気がわかなくなります。

 

あー、仕事をやらなくちゃ。。と思うのですが、全くやる気が出ない。

ひとたび、デスクに座りパソコンのキーを打とうとすると、凄まじい無気力感に襲われる。

 

できれば一文字も打ちたくない。

しかし、

仕事をしなければ、周囲から変な目で見られる。

 

でも、やろうとすると激しい無気力感に襲われる。

 

こんな状態ではどんな仕事を任されたって、うまくいくわけありません。

 

 

無気力感に抵抗して、仕事を続ける期間が長くなるほど、

うつ病は重く精神に沈着していきます。

 

白いシャツにコーヒーがついてしまった、その瞬間に洗えば、シミは落ちますが

ずっと放置していると、そのまま沈着してしまうのと同じです。

 

うつ病のときの考え方、思考システム、気分、物事への姿勢が長くなれば長くなるほど、

その状態が自分にとってふつーの考え方になってしまいます。

 

そのうつ病の時の考え方が、普通になってしまうと、

そのマインドセットから抜け出すには、大きなパラダイムシフト(=考え方の転換)が起こらないとなかなかうつ病はなりにくくなってしまうのです。

 

 

実際に、私の友人は、

うつ病から抜け出すのに、3年かかっていました。

 

もしもいま自分がうつ病だという、兆候が少しでもあるなら、早めに対処しましょう。

いまの仕事を少しでも減らす方向へ持っていったり、休みを長くとって、旅行に出たり。

気分転換が必要です。

 

うつ病はその名の通り、病気なのです。

ガンと同じように、早期発見して早めに治すことをおすすめします。

 

 

『うつ病で仕事がうまくいかないときの対処法とは?』

 

健康の回復に集中する

うつ病かなと疑ったら、早めに休みをとって、

気分をリフレッシュしましょう。ためてきたお金を使う時です。

 

私のおすすめは、

国内でもいいし、国外でもいいですが、ひとりで旅行に行くことです。

 

そんなに計画を立てず、これが見たい、この料理を食べたいなんでもいいので非日常を味わうことにお金と時間を使いましょう!

 

 

うつ病で仕事ができないときは家族や友達に力になってもらう

うつ病の人は結構多いので、

いまのあなたの気持ちを理解してくれる人は割といます。

 

ぜひ身の回りの人にいまの状況を話してみてください。

 

しかし、

ここで注意なのは、うつ病に対して理解が何もできない人もいるということです。

 

友人の場合は、母親はうつ病に対して何も理解ができない人間だったらしく、

かなり苦労したみたいです。

 

働けるようになったら、まずは短い時間の労働からの社会復帰

うつ病は本当に治りにくい病気です。

治ったと思っても、気分が落ちこんだり。。。

 

本当に仕事が手につかないと、一度退職した場合は、

まずはアルバイトあたりから復帰していきましょう。

 

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

ABOUT ME
池谷
<この記事を書いた人> 【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中) 詳しいプロフィールはこちら>>>
転職で勝つための「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

それくらいあなたの人生に意味のあるものを作る、と言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を無料でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。