はじめまして。ようこそ。

はじめまして。ようこそ。

このサイトの管理人の池谷(いけや)と申します。

私はたまにこのブログの読者さんと、スカイプでお話しする機会があるのですが、その時にほぼ必ず、

「何でブログを始めようと思ったんですか?」

って、聞かれます。

話すと長くなるし、どう答えていいかもよくわからずに、いつも『なんとなくです』

の一言で終わってしまい、なんだかうやむやになってしまうことが多かったです。

なので、まずはこのページで、私自身の自己紹介と、なぜブログとメルマガ、youtubeをしているのか、

そしてこのブログの名前でありコンセプトでもあるINTO THE WILDについて紹介していきますね。

 

池谷(いけや)とは一体何者か

生年月日:1991年4月生まれ

好きなアーティスト:RADIOHEAD、KORN、アジアンカンフージェネレーション、ペトロールズ、乃木坂46、サカナクション

好きな食べ物:つけ麺、カレーライス、ハヤシライス、コーヒー(←最近喫茶店巡りしてます)

趣味:筋トレ、登山、夏フェス参戦(2017年はフジロック、朝霧jam、countdownjapanに行きました!)

特技:ブレイクダンス 恥ずかしいですが、私が23歳時に踊ったブレイクダンスをお見せしましょう(笑)

youtubeで池谷のブレイクダンスを見てみる>>>

 

流されるように「なんとなく」過ごした大学時代

(※当時22歳。登山中にふざける池谷)

まずは私の黒歴史(大学時代)から話をしましょう!

大学3年の冬。絵に描いたような、ごく普通の大学生活を送っていた私にも「就職活動」の時期が訪れました。

大学時代の私は、みんなと同じように就活して、みんなと同じようにマイナビ、リクナビに登録し、テキトーに内定をもらえた企業で働ければいいかと考えていた「クソつまらない人間」でした。

その頃の口癖は 「人生こんなもんか」 「自分よりも辛い人がもっといる」 「自分はまだマシ」 これらの口癖からも分かりますが、

私は人生を流されるように「なんとなく」生きてきていたのです。

(流されるように生きていた大学時代)

事業を立ち上げたり、すごい人に出会ったり、難関の資格を取得したりすることもなく、ましてや留学もせず「なんとなく」大学生活を過ごしてしまい、挙げ句の果てに、みんなに流されるように就活を始めたので、企業の一次面接で、投げかけられる質問に答えられる明確な意志や、それを説明するだけの論理的思考的なものは皆無w

当時、理系出身大学生は企業から内定を獲得しやすいと言われていましたが、私の場合は何社受けても、なかなか内定が取れず、メールボックスの中は「お祈りメール」の一覧表となっていました(苦笑)

 

もしかしたら、私が大学時代に唯一成し遂げたことは、

企業からの「お祈りメール」の一覧表を作ったことなのかもしれません(笑)

(お祈りメールの内容はほとんど、どの企業も同じなので、一覧にしてもなんの意味もありません)

 

そんなダメダメな私が就活をしていて一番困ったのは「志望動機」でした。

 

「いや、もうどんな仕事でもするから、とりあえず内定をくれよ!!!」

という、真面目系クズが、就活中に陥りやすい典型思考パターンとなっていたので、

志望動機は、いつもネットで調べて、手頃なのを見つけては自分流にアレンジして履歴書に書いてましたw

めんどくさい時は、同じ志望動機を使いまわしてましたね(笑)

 

 

こんな感じで、光り輝く黒歴史を順調に作り上げていた私にも内定をくれた、非常に寛容な企業が何社かありました。

私は結果的に、そのうちの一社に入社を決めたのでした。

 

その企業の人事は合同説明会で、あてもなくテキトーにふらふらしていた私に声をかけてくれたのです。

非常に愛想がよくメガネが似合う40代後半くらいの方でした。「もしよければ弊社の説明を聞いていきませんか?うちは1年目からボーナスが3回出るし、初任給もきっと悪くありませんよ(満面の笑みで)」と言われたので、あてもなかった私はとりあえず、その企業の説明を聞き、とりあえず応募してみたところ、書類審査も通り、面接も雑談をしていたら合格し、内定をもらったのです。

 

当時の私は「なんだ!内定ゲットしちゃった!ラッキー!!」くらいにしか思っていませんでした。

 

今思えば、

合同説明会で人事の方から声をかけてきたことに疑問を持つべきだったのかもしれません・・・

 

 

 

入社後、その企業によって人生をどん底に突き落とされることになろうとは、

まだその時は知る由もなく、

黒歴史のさらに磨きをかけていたのでした。

 

 

・・・・・

 

 

 

人生に絶望した1年間

 

テキトーに就活した結果、私が就職できたのは「とある食品系の企業」

内定が決まった時は「大卒だから、この会社で事務かなんかをやるんだろうな〜」とぼーっと考えていました。

しかし、

実際に入社してみると「まずは半年くらい、現場に入ってくれ」と言われ、現場に配属されたのです。

テキトーに生きていたが故に、

楽観的だった私は「まあ、始めは現場研修からだよね!そういえば、大学の先輩もまずは現場研修から始まる企業が多いって言ってたな!」と勝手に納得し、社会人1年目の私は食品を実際に生産する仕事から始まったのです。

 

 

働き始めてからは時の流れが非常に早く、すぐに入社から半年が経ちました。

しかし、一向に部署移動の通知は来ませんでした。

 

さらに時は経ち、1年後も私は相変わらず現場で食品を作っていました。

 

 

現実はそこまで甘くなかった。

入社した企業の製造現場は、夏は非常に蒸し暑く、冬は死ぬほど寒いというかなり過酷な職場でした。

毎年夏になると、必ず誰かが熱中症や脱水症状で倒れ、冬になると多くの人が風邪を引き、そして水を扱う仕事だったのであかぎれになることは日常茶飯事で、私は一度ノロウイルスにかかりました(苦笑)

 

一番つらかったのは、毎日が1mmも変化しないこと。

 

製造現場の仕事内容は、毎日毎日同じような作業の繰り返しで、それはそれは退屈でしたし、夜勤もあり、毎日3時間の残業だったので、精神的にも肉体的にも疲弊していました。

またそんな職場環境で長年働いている先輩たちの目は死んでおり、平日は帰ってビールを飲みながらテレビやyoutubeを見て寝るだけ。

休日はパチンコへ出かけて夜まで過ごすか、家でゲームをしたり、寝ているだけという人が大半でした。

 

 

これがこの会社で働き続けた人間の末路なのか・・・

 

と気がついた時は、本当に全身の力が抜ける感覚を味わいました。

 

この状況を打開したい。

その想いに駆られ、人生を変えるために、ひたすらSNSやネットサーフィンをして、いろいろな情報を検索している時期がありました。

その時、ある男との出会いが私の人生を180度変えたのです。

 

 

・・・・・

 

 

 

私の人生を180度変えた男との出会い

ある日の仕事の休憩中、自販機で買ったBOSSレインボーマウンテンの飲みながら、iPhoneでFacebookを見ていました。

有名大学に行き、有名企業へエスカレーターに乗ったかのように就職をした高校の友人たちの、 素晴らしく輝かしい日々の投稿が一段とムカつきました。

リア充共の投稿は無視して、タイムラインをスクロールしていると、ふと大学時代に出会った起業家の投稿が目に留まりました。

 

その起業家は、ブログを使ったビジネスを始めるとのことで、

アルバイトをFacebookのタイムライン上で募集していたのです。

 

単調な仕事に飽き飽きし、何か自分の人生を切り開くようなきっかけを探していた私にとって、起業家と接点を持てることは非常に興味深かいものでした。

 

その時の起業家のアルバイト募集のキャッチコピーは、

「アルバイトをしながら半年間で月収100万円を稼げるスキルを身につけてみませんか?」

みたいな感じでした。

 

『なんか怪しいな〜。でも、起業家さんと関わるのも面白そうだし、お金ももらえるならいいかも』

と軽い気持ちで、その募集に応募したのです。

 

 

今思えば、このアルバイトの募集に応募したことが、良い意味でも、悪い意味でも私の人生を180度変えるきっかけだったのです。

 

私は運良く、そのアルバイトに合格し、起業家のビジネスのお手伝いを始めることになりました。

 

もしかしたら、私は怪しい誘いをされても、何一つ疑わず、受け入れてしまう病気なのかもしれません(苦笑)

その病気に名前をつけるとしたら「黒歴史病」とかがいいかもしれませんね。

 

アルバイトを通して『ブログ』と出会う

そして、このアルバイトが、

私とブログが出会ったきっかけでもありました。

 

当初、ブログで数千文字を書く経験はおろか、小学校の読書感想文にすら抵抗を持っていた私は、ブログで700文字を書くのに1時間以上かかってました。そして、書きあがった文章を見た起業家には、結局何が言いたいかわからないと言われ、バイトをクビになりかける寸前まで行ったことは数知れず・・・・

 

「お前にはブログのセンスがない・・・」

 

という現実を何度も起業家に突きつけられましたが、(苦笑)

それでも、ブログを書くという行為に、大きな興味と可能性を感じていました。

 

なぜなら、アルバイトをはじめた当初、起業家から言われた「うまくいけば半年で、月収100万円くらいは稼げますよ!」という、まるで根拠がない情報を本気で信じていたからです(苦笑)

 

 

入社1年目で慣れない仕事、職場の過酷な労働環境、夜勤、残業、仕事とブログの両立、文章の執筆、起業家からのプレッシャー

 

多分、人生で一番追い込まれた時期でした。

 

でも、半年間ブログを頑張れば、絶対月収100万円稼げるんだ!!!

100万円を稼いで、こんな仕事さっさとやめてやる!!!

 

と、自分に言い聞かせ、毎日作業に没頭しました。根拠のない半年後の100万円を夢見て、自分を奮い立たせていたのです。

客観的に見ればつらい時期に見えますが、当時、私はその状況を少し楽しんでいました。

 

なぜなら、半年間頑張れば報われるかもしれない!!

という希望があったからです。その希望を胸に、毎日夢中で作業できた。その時間は正直楽しかったと言えます。

そして何より、起業家と出会い、ブログを始めたことで、多くの出会いがありました。

 

例えば、私がブログを初めて出会ったのは、以下のような人たちです。

・自由気ままにフリーランスとして働き、自分の好きな時間に起きて、好きなカフェで好きなコーヒーを飲んで、行きたい場所に行き、パソコンを開き、気の合う仲間達だけと仕事をしてるのに年収2億円を毎年叩き出すインターネットマーケター

・ちょっと海外に行って違う文化に触れたいと思った、と言って気が済むまでフランス、イタリア、スペイン、スウェーデンなど海外へ行ってしまい頻繁に音信不通となるデザイナー

・激務として知られるコンサルティング企業で毎日3時間睡眠という超ハードモードな生活をしながらも、ブロガーとして月収数十万円を稼ぎ出している会社員

・超有名ブラック企業で約20年間働いたのち、会社を辞め、その後世界を飛び回り、アゼルバイジャンで2000万の不動産を購入した元プログラマー

 

みんな、マジで、こいつらスーパーサイヤ人か!?と思うくらい、常識はずれのヤバい奴らです(笑)

そんな彼らに出会えたからこそ、

流されるように「なんとなく」生きていた大学時代の私からは考えられないほど、夢中になれる日々を送ることができていると断言できます。

だから、良い意味で、ブログと出会った時点で、私の人生は変わっていたのです。

 

 

 

人生に希望を見出したのはつかの間。

半年後、再び私は戦慄を感じるのです。

 

・・・・・

 

 



ブログを書いても稼げない日々

半年後、私は100万円はおろか、1円さえもブログから稼げていませんでした。

 

おいおい、話が違うぞ。1円も稼いでないって、もはや稼がせる気ゼロじゃねーか!!!俺の苦労を返せよ!!!!

と、私は起業家とケンカし、起業家とのアルバイトはそこで終了しました・・・・

 

仕事も楽しくない。というか、つらい。ずっと製造現場。単調な仕事。目が死んでいる先輩たち。毎日、残業。嘘をつく起業家。無意味だった半年間の苦労。

 

私の心はすさんでいました。私は再び、人生に対して絶望していたのです。

何もかもが嫌になった時期です。私もきっと先輩たちと同じような目をしていましたし、仕事から帰ったらまずは冷蔵庫からビールを取り出し、それを飲みながらご飯を食べ、youtubeでゲーム実況動画を見ていました。

 

再び私は流されるように「なんとなく」生き始めてしまったのです。

 

でも、

そんな生活をしたところで、どこか満たされない思いを感じていました。

 

やっぱり、

人生が死ぬほどつまらない。

 

どこか違う世界に行きたい。その想いに駆られた私の目の前には、2つの選択肢がありました。

選択肢1。転職活動をする。

選択肢2。今の会社で、ブログをもう一度頑張り、自分で稼げるようになる。

 

 

この2つの選択肢を目の前にした時、

私はこれまでの自分では想像もできなかった行動を起こしたのです。

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

自分の中で何かが変わった

私は転職活動を行い、そのあともブログを続けることに決めたのです。

 

つまり、どっちも獲得すると決めました。

 

なぜなら、

私はようやく自分の愚かさに気がついたからです。

 

流されるように「なんとなく」過ごしてしまった大学時代。テキトーに就活した結果、入社してしまったブラック企業。半年間で100万円稼げるという信ぴょう性の薄い情報に惑わされたこと。起業家とケンカしてしまったこと。半年もブログを頑張ったのに1円も稼げなかったこと。

 

全部自分の愚かさ、力不足、今がよければそれでいいというインスタントな生き方が招いた事態だった、のだと。

 

 

・・・・・

 

このことに気がついてから、自分の中で何かが変わりました。

それから、私は本物の実力を伸ばすべく、毎日を過ごし始めたのです。

 

再び立ち上がり、心を入れ替えて、走り始めました。

 

しかし、道中、何度も楽でインスタントな生き方に戻りかけたのは言うまでもありません。

 

つらいこともありました。絶望することもありました。嫌なこと、納得できないこともありました。私も含めてほとんどの人は、なんとなくその世界に生き、私と同じようにその世界を諦め、不満を溜めて、酒を飲み、愚痴をいい、腐り、楽をする方法を考え始める。楽をして大きな結果を得る方法を考え始めます。

 

泥が足にまとわりつき、汚れ、不快な気持ちになる。徐々に泥の量は多くなり、足を前に出すのがしんどくなっていく。だんだん走るペースは落ち、泥の重さに負けて、ついには足を止めてしまう。

 

別にそれが普通じゃね??

周りのみんなも足を止めている。自分ももう走るのをやめよう。

 

そうやって、みんな人生を諦めていきます。

 

 

でも、私はもうその世界に飽きてしまったのです。

なぜなら、その世界にいても、何も面白くなく、ただ毎日思うことは、

人生が死ぬほどつまらない

ってことだけ。

 

 

その世界から抜けるべく、

転職活動をして、新しい企業で働き始め、その中でも毎日ブログを続けました。

 

その原動力となったのは、

ブログを始めてから、素晴らしい出会いがたくさんあったし、自分もヤバい奴らと同じ世界に行きたい!!

という思いが強かったからです。

 

 

その結果、

私は気がつかぬうちに、大きな力を得ていたことに気がついたのです。

 

・・・・・・

 

 

 

 

強力な武器を手に入れていた

(※ブログについての講義準備をしている最中の真面目な池谷)

ひたすらに仕事をし、

みんな、マジで、こいつらスーパーサイヤ人か!?と思うくらい、常識はずれのヤバい奴らの中でブログをこなしていたら、

自分の中に大きな変化が起こったことに気がつきました。

 

 

それは、

人がついつい読んでしまうキャッチコピーの書き方や、漫画や映画から面白いストーリーの作り方を学ぶことができるようになっていたこと。

・ただ街を歩いているだけで、ビジネスアイデアが思いつくようになっていたこと。

・たまに行く整体のオーナーの方から、サイト制作のお仕事をいただいたこと。

・会社に頼らずとも、自分の力でお金が稼げるようになっていたこと。

・よくコンサルタントが身につけるべきスキルと言われている「ロジカルシンキング」「イシュー分析」「フェルミ推定」「ケーススタディー」が自然とできるようになっていたこと。

(2017年、転職活動を行い、実際にコンサルティング企業から内定をもらいました)

 

 

私は自分でも気がつかぬうちに、これらの大きな武器を手に入れていたのです。

 

 

・・・・・・

 

 

武器を使い切り開いた自分の可能性

 

みんな、マジで、こいつらスーパーサイヤ人か!?と思うくらい、常識はずれのヤバい奴らと同じ世界に行きたいと強く願い、目の前のことに没頭しました。

 

その結果、私はようやく強力な武器を手に入れ、結果を掴み始めたのです。

 

 

本物を実力を伸ばし、自分を成長させることに没頭している私が目指しているものは、

無限の可能性が自分の目の前にある状態

です。

 

例えば、以下のような選択肢が、いつでも自分の目の前にあり、つかみとれる状態になることを目指しています。

 

・私は自由気ままにフリーランスとして働いていきたい。だから、自分の好きな時間に起きて、好きなカフェで好きなコーヒーを飲んで、行きたい場所に行き、パソコンを開き、気の合う仲間達だけと仕事をすることを選択する。

 

ちょっと海外に行って、日本とは全く違う文化に触れて、モチベーションを上げたいな!と思った。だから、私は気が済むまでフランス、イタリア、スペイン、スウェーデンなど海外に旅行に行くことを選択する。

 

・会社員として働いているが、別に不満はなく、むしろ現在の仕事が楽しくて没頭できるだから、会社員を選択する。

 

・世界の優秀な人たちと働いて、世の中に大きな価値を生み出していきたい。だから、私は自分が生み出せる価値を無限に大きくしていくために、まずは海外にMBAを取りに行く

 

・昔から憧れだったバリやハワイなどのリゾートに長期滞在して、そこでパソコン一つでお金を稼ぎながら、ゆっくり生活してみたいと思った。だから、私は心ゆくまでリゾートにいて、満足するまで暮らしていくことを選択する。

 

・都会で常に人目にさらされ、見栄や刺激物にさらされて暮らすのは、もういいかなと思った。だから、私は自分の感性を解放できる地方に移り住み、淹れたての美味しいコーヒーと猫一匹と、穏やかにかつクリエイティブに納得いくまで暮らしていくことを選択する。

 

・私は海が好きだ。そして毎朝サーフィンをして過ごす生活がしたい。だから、海岸が近い場所に引っ越して、サーフポイントから5分の場所に引っ越すことを選択する。

 

・私は筋トレが好きで、毎日ジムに行って体を大きくしていきたい。だから、私は自分でお金を稼ぎつつ、その他の時間はトレーニングにあてることを選択する。

 

 

京都の有名旅館すべてに泊まってみたい。だから、会社をやめて、パソコン一つだけ持ち、京都の旅館を転々としながら働き、収入を得る人生を選択する。

 

・・・・etc

 

 

毎日が充実していると断言できる生活

私の人生は、起業家さんとブログに出会う少し前まで、

これがこの会社で働き続けた人間の末路なのか・・・

と人生に絶望していました。

しかし、

その後、ただひたすらにブログに向き合い、更新していただけで、非常に大きな人生の変化があったのです。

 

何より自分の人生に大きな変化を感じたのは、出会い、繋がる人間が大きく変わったことです。

 

マジで、こいつらスーパーサイヤ人か!?と思うくらい、ヤバい奴らとの出会いがあることにより、

流されるように「なんとなく」生きていた大学時代の私からは考えられないほど、夢中になれる日々を送ることができていると断言できます。

 

自分の成長が肌に感じてわかることが、本当に楽しいんです。

 

 

そんな中、ある日、ふと

『昔の私と同じように、毎日がつまらない人のために、何か役に立てることはないか?』

と考えるようになりました。

 

その答えが、このブログ。

『into the wild』だったんです。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

ブログ、メルマガを運営するようになって

仕事が嫌になってしまってしまい、どうしたらいいかわからない

『仕事がつまらなく、もっと刺激が欲しい人』

仕事は楽しいけど、収入をもっと上げたい

仕事はたのしい。けど、副業にも興味がある人

『副業をやってみたけど結果がでない人』

『転職活動をしているけど、なかなか内定がでない人』

『転職活動で書類選考は合格するけど、面接でいつも不合格になってしまう人』

『面接の準備の仕方がわからない人』

『短時間睡眠でも、翌朝元気に出社できるサプリメントの選び方を知りたい人』

などに向けて、情報をお届けしています。

 

だからこそ、必然的にこのブログやメルマガにはいろんな情報が詰め込まれています。

副業や転職、サプリメント、ストレスケアなど表面的には、全く別物の情報をお届けしていますし、「この情報は自分には関係ないな」ということもあるかもしれません。

 

しかし、私が発信している情報全てにおいて、伝えたいことは一貫しています。

 

このブログ及び、メルマガなど、私が運営しているメディアにおけるテーマは、

常に「自己成長」と「自律」であり、「可能性の拡大」と「自分の人生、自分でデザインする」ことです。

その価値観に従ってすべてのコンテンツを作成しています。

他人のルールや価値観で生きるんじゃない、自分の人生なんだから自分でルールを決めて、自分で成功や幸福を定義して、その通りに生きるべきだ。そのためには必要な知識や、スキルや、考え方や、経験などがあるんだ。

このことを手を替え品を替え伝えているつもりです。

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

無料メルマガも運営中!!

私はこのブログと同様、メルマガも発行しています。

『池谷の公式メールマガジン』

メルマガで目指すのは、

会社に頼らず自分の力でお金を稼げる状態

 

メルマガに無料登録いただいた方を、

無限の選択肢がある世界に連れて行こうと思います。

少しでも興味がある方は、メルマガに登録しておいてください。

 

 

続いて、INTO  THE WILDについて説明します。

続いて、このブログのタイトルでもあり、コンセプトでもある

『INTO THE WILD』について解説していきます。

以下のページにこのまま進んでください。

 

INTO THE WILDとは何か?

RETURN TOP

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る