モチベーション管理

土曜日も出勤だけど仕事が暇すぎる時の対処法

こんにちわ、池谷です。

 

 

この記事を読むと以下のことがわかります。

・土曜日が仕事だけど暇なんてことがあるの?

・土曜日が暇な仕事の特徴

・仕事が暇な時の暇のつぶし方

・土曜日も出勤だけど仕事が暇すぎる時の対処法

・まとめ

 

 

土曜日が仕事だけど暇なんてことがあるの?

ネットをよく検索していると、

土曜日が仕事でも暇な方は結構たくさんいるようです。

 

職業上、ほぼ仕事がないのに、土曜日出勤しなければいけなかったりするようです。

 

土曜日が暇な仕事の特徴

 

・専門職のために、資格や特別なスキルを持っていないと仕事ができない

・給料が安い

・昇給がない

・ボーナスがない

・残業代がつかない

・製造業である

・バイトをしないと生活が苦しくなる

・上司が仕事をくれない。または仕事がない

・14時をすぎると時計にばかり目がいく

・1時間で終わる仕事を3時間かけてやる

・何度も資料整理をする

・やりがいを全く感じない

 

仕事が暇な時の暇のつぶし方

・エクセル、ワードの操作を追求する

・資格の勉強をする

・スマホで上司にバレないように机の陰に隠れてパズドラをする

・スマホで上司にバレないようにトイレに行って、こっそりモンストする

・トイレで仮眠を取る

・トイレでツイッターに投稿する

・トイレでFacebookを見る

・トイレでInstagramを見る

・パソコンにSkypeをインストールして、チャットして遊ぶ

・電子書籍を読む

このサイトで著作権切れの小説を読むことができます。

青空文庫

 

 

 

土曜日も出勤だけど仕事が暇すぎる時の対処法

最近では、働き方を含めた人生全体の生き方が、

「個」に委ねられる時代になりました。

 

電車に乗って、周りを見渡せば、ほぼ全員がスマホ、iPhoneを操作しています。

 

おそらく家に帰ってからも、同じですよね。

一人一人、自分のディスプレイで自分の欲しい情報を受け取っている。

 

もう家族団らんで同じ居間に集まって、同じテレビ番組を見る時代ではなくなってしまったのです。

そんなのは、私が小学校の時にすでになくなってきていました。

 

 

新聞や、テレビなどのマスメディアが作り出す情報統制がなくなり、

さらには会社の年功序列制度も弱まりつつある。

 

圧倒的に「個」として、人生の裁量権を任されているのです。

 

だから、

もはや他人の人生と自分の人生を比べても意味がないのです。

 

 

「個」という生き方に強いスポットライトが当たられるようになった時代なのです。

「自分はどうしたいのか?」

「力をつけて、強きものになりたいのか」

「弱きもののままでいいのか」

 

 

みんなと同じような情報を受け取って、毎日毎日だらだらサラリーマンとして働いていればいい。

そんな時代は終わったということです。

 

私は週に2回ゴールドジムに通っていますが、

夕方くらいに行くと、高校生がいます。

 

昔では高校生がジムに通って、体を鍛えている。

なんてありえなかったと思います。

 

もうすでに彼らくらいの年代では、「集団の中の自分」という生き方よりも、

「一人の人間としての自分」という圧倒的に「個」にスポットライトを当てた生き方が当たり前になっているのです。

 

 

つまり、

「自分はどうしたいのか??」

 

ということです。

 

 

ゴールドジムに行くと、ボディービルダー達が声を上げながら、ダンベルを持ち上げています。

なんでそこまで頑張るんだろう。。。

 

昔からしたら、異常に体を鍛えているボディービルダーは異様に映りました。

 

 

しかし、

彼らこそ、圧倒的に「個」として生きている存在なのです。

 

身体中に筋肉がつきすぎて、肩が上がらなかったり、

肩幅が広すぎて、共有の座席では肩身が狭かったり、ボディービルの大会3ヶ月前から、食事制限をしてギリギリまで脂肪を落とす。

 

もうね。

長距離バスに乗って、隣がそんなゴリゴリのボディービルダーだったら最悪だと思うんです。

 

自分の肩身が絶対狭い。

そいつのせいで肩がこります。

 

 

そのボディービルダーはなんら気にせずふつーに席に座っている。

こいつなんなんだよ。と。

 

実際に私はその経験がありますw

もう鬱陶しくて、しょうがありませんでした、、、、

 

私は長距離バスで隣の席に座ったボディービルダーに負けないように、

その人の肩を押し返してました。

 

もっとそっちよれよと。

正直、むかついていたのでw

 

 

でも、

彼らボディービルダーもそんな無駄に大きくなり、生きにくい身体になっていること、

多少の鬱陶しさを感じていると思うのです。

 

現に私にムカつかれていますし、それ以外にもバスに乗るたびに、電車に乗るたび、飛行機に乗るたび、

隣の人にムカつかれていると思います。

 

多分彼らだって気がついている。

自分の身体が邪魔になっていることを。。。

 

 

でも、

彼らは身体を鍛え続け、身体をデカくし続ける。

 

 

もう、これこそ圧倒的に「個」にスポットライトを当てた生き方だと思うのです。

 

身体をデカくして、人の邪魔になることが。。ではないですよw

 

ボディービルダーってあそこまで身体をデカくするに相当エネルギー使っているのです。

 

毎日毎日ジムに通い、

(私が三日連続でジムに行くと、必ず同じボディービルダーがいます)

毎日違う部位を鍛える。

 

しかし、

ただ単に重いダンベルを持ち上げているのではありません。

 

この持ち上げ方によって、どの筋肉が鍛えられるのか?

どの筋肉が副作用的に疲労してしまうのか。

何秒置きに持ち上げればいいのか。

 

彼らはダンベルを持ち上げている時に極限に筋肉に対して集中しているのです。

 

重い、辛い。

とか考えそうになるけど、全神経を筋肉に集中させている。

 

あれだけ顔を真っ赤にしてる大人って他にはいませんよ。

本当に重いものを持ち上げると気絶する人もいるそうです。

 

 

一体、彼らは何を目指しているのか?

気になりますよね。

 

「あの人たちってあんなに筋肉鍛えてどうするんだろ・・・」

 

ボディービルダーを見ると必ずそういった言葉が漏れますよね。

 

 

きっと彼らは、自己を気絶するまで追い込む中に神を見出しているのだと思います。

その「領域」に対する信仰心。

 

誰よりも勝っているとか、誰より劣っているとかそんなことどうでもいい。

「領域」に対して昨日よりも一歩近づく。

 

彼らはひたすらにそこを目指している。

言ってしまえば、修行僧と同じです。

 

だから、

そこを一緒に目指しましょう!

とは言いません。

 

私もそこにはあんまり行きたくないです。

体を鍛えるのは好きですが、デカくなりすぎて行きにくくなるのはちょっと。

 

しかし、

真似したい部分もある。

 

それは「未知の領域」に対するストイックさです。

私も散々このブログで「未知の領域」=into the wildを目指そう!

と言っていますが、彼らの姿勢には見習うべきものがあります。

 

 

もしもサラリーマン辞められるくらい稼げるようになったら、

一度彼らに弟子入りして、本気で体を鍛えていきたいと考えています。

 

まずは「何者にも管理されない力」=「自分で稼げる実力をつける」ことができてからですね。

 

土曜日が出勤だけど暇している方は、ネットビジネスでかせいでみたらどうでしょう?

詳細はメルマガにて。

 

まとめ

・土曜日が仕事だけど暇なんてことがあるの?

ネットをよく検索していると、

土曜日が仕事でも暇な方は結構たくさんいるようです。

職業上、ほぼ仕事がないのに、土曜日出勤しなければいけなかったりするようです。

 

・土曜日が暇な仕事の特徴

・専門職のために、資格や特別なスキルを持っていないと仕事ができない

・給料が安い

・昇給がない

・ボーナスがない

・残業代がつかない

・製造業である

・バイトをしないと生活が苦しくなる

・上司が仕事をくれない。または仕事がない

・14時をすぎると時計にばかり目がいく

・1時間で終わる仕事を3時間かけてやる

・何度も資料整理をする

・やりがいを全く感じない

 

・仕事が暇な時の暇のつぶし方

・エクセル、ワードの操作を追求する

・資格の勉強をする

・スマホで上司にバレないように机の陰に隠れてパズドラをする

・スマホで上司にバレないようにトイレに行って、こっそりモンストする

・トイレで仮眠を取る

・トイレでツイッターに投稿する

・トイレでFacebookを見る

・トイレでInstagramを見る

・パソコンにSkypeをインストールして、チャットして遊ぶ

・電子書籍を読む

このサイトで著作権切れの小説を読むことができます。

青空文庫

 

・土曜日も出勤だけど仕事が暇すぎる時の対処法

土曜日が出勤だけど暇している方は、ネットビジネスでかせいでみたらどうでしょう?

詳細はメルマガにて。

 

 

この記事を読んだ人は、以下の記事も読みました。

企業のグローバル化でメリットを得る若者とデメリットを受ける若者

男でメンタルが弱い人が絶対知らない3つのこと

天才だけが知っている努力を楽しむ3つの方法

社会人で勉強のモチベーションが上がらない時にすべき5つのこと

アベノミクスの効果と今後2017年社畜になる人とならない人

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。