ビジネス

人に期待しない生き方をしたい人が知らない3つのこと

こんにちわ、池谷です。

 

この記事を読むことで、以下のことがわかります。

人に期待しない生き方をしたい人が知らない3つのこと

・人に期待はしなくていい。信頼してみよう

・絶望の先に大きな成長がある

・人生はレベルを上げたもの勝ち

 

 

人に期待はしなくていい。信頼してみよう

 

人に期待しない生き方を選択する人の多くは、

他人に期待しすぎたことによって、何度も裏切られてきた人だと思います。

 

 

確かに、

人に期待していて、裏切られると結構なエネルギーを持って行かれるし、ストレスが溜まります。

 

だったら、

人に何も頼まないし、他人に何も期待しないという判断はとても合理的です。

 

しかし、

仕事となるとすべてのタスクを自分一人でこなさなくてはいけないため、

最終的に誰かに頼らざるを得ないのです。

期待は人間関係の中で、無意識に自分の中に生まれてくるものだし、それをコントロールしてゴミ箱に捨ててしまうと、

確実に嫌なやつになります。

 

「私は誰にも期待しない」「仕事は全部自分で把握する」

ってマインドで生活していると、その雰囲気は確実に一緒に仕事している人間に伝わります。

その結果、あなたの悪い噂が蔓延しますし、

 

「あの人全部、自分でコントロールしたいんだなぁ」

「私が頑張っても、結局あの人に仕事乗っ取られて改変するから、テキトーに頑張ればいいや」

 

そうやって、

周囲の人がみんなあなたのために頑張ってくれなくなるので、

最終的に、自分の首を自分で締めまくっているという状況になるのです。

 

そうなると、人に期待しない生き方はできないのです。

しかし、

人に期待すると必ず裏切られます。

 

なのでオススメは、人を信頼すること。

 

 

人に期待していると、

『なんでやってくれなかったんだ・・・』

 

と思いっきりストレスを受けますが、

 

人を信頼していると、

「なんでやってくれなかったんだろう、きっと何か理由があったに違いない」

ってなるのです。

 

これによって、受けるストレスがほとんどなくなります。

 

 

 

絶望の先に大きな成長がある

 

私自身も、人に期待するのではなく、信頼することを心がけていますが、

無料サポートをしている人がアドバイスした内容をやっておいてくれないと、やっぱりモチベーションは下がります。

 

それと同じように、密に連絡を取り合って、親密になっている人にはどうしても期待してしまうし、

そこで裏切られると相当なエネルギーを持っていかれます。

 

いつもその度に思うのは、

イメージの中で生きるのはやめて、現実に足をつけて生きていかなければいけないってことです。

 

結局、期待とは自分の中のイメージでしかないのです。

勝手にそのイメージの中で生きていたからこそ、裏切られた時に現実との差が起こり、エネルギーが奪われるのです。

 

 

また、ぼやっとしたイメージ中で生きているからこそ、

焦るし、パニックになるし、仕事に行くのが怖くなるし、自信も持てないし、劣等感が生まれるのです。

 

「もしかしたら、自分はみんなに嫌われているのかもしれない」

 

「自分はなんで他人に勝てないんだろう」

 

「自分はなんてできないやつなんだろう」

 

結局、そういうのは全部思い込みでしかないのです。

 

 

イメージの中で生きるということは、

10m先も見えないような、ものすごい濃霧の中で車を運転するようなもので、

その中で精一杯がんばうろうと思っても、かなり的はずれな行動をしてしまっている可能性が高いわけです。

 

仕事に慣れてきて、ミスしてしまう理由もイメージの中で生きているからですよね。

参考:

仕事に慣れてミスする人はすぐに転職したほうがいい3つの理由

 

 

 

人生はレベルを上げたもの勝ち

 

人に期待しない生き方がしたいとか言ってるあなたは確実に凡人です。

多分天才はそんなこと悩んでいないません。

 

しかし、

私たち凡人は凡人なりの成功するための戦略があるのです。

天才は何もしなくても結果が見えていて、そのためにすべきこともなぜか明確に見えています。

その上、いとも簡単にすべきことをクリアできるから天才なのです。

 

 

例えば、

ポケモンマスターになるって目標があった時に、天才たちははじめからレベル70くらいのピカチューを持っていて、

凄まじい速さで四天王までたどり着くって感じです。

でも、凡人の僕らにはそんなことできないんです。

だって、レベル70のピカチューなんて持ってないから。

 

 

 

だから、

少しづつ丁寧にピカチューのレベルを上げていくしないんですよ。

それが凡人の戦略です。

 

 

 

確かに天才からしたら、遠回りな人生かもしれないけど、

そのなかで確実に培われていく戦闘技術があるんです。

 

 

よく言われることですが、

100回の練習よりも、確実に1回戦場に立ったことのある人の方がレベルが高い。

 

 

旅の中でしか手に入れられないアイテム、そして仲間たち。

そして、マイナスから這い上がってきたという圧倒的な自信。

 

 

マサラタウンから自分がなぜレベル70のピカチューを持っていたのかさえ分かっていない天才たちが知らないものがもう一つあります。

それは絶望です。

 

 

私たちは絶望から這い上がる方法を知っています。

 

 

つまり、もう一度絶望に叩き落とされても、そこからアゲインストできるんで。

 

 

一度そこから登って来る間に孤独への耐性、不屈の精神が養われている。

 

 

これこそ、最強じゃないですか??

多分、いわゆる天才は絶望に叩き落とされたら、耐えられないと思います。

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

エリートサラリーマンの定義とそんなの目指さないほうがいい3つの理由

転職の転機はスピリチュアルでは絶対わからない3つの理由

大企業と中小企業の転職を考えるべき圧倒的な3つの差

男でメンタルが弱い人が絶対知らない3つのこと

仕事覚えが遅い人と早い人の特徴と共通点とは

日本の社会人はなぜ勉強しないのか?損している!

 

 

ABOUT ME
池谷
<この記事を書いた人> 【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中) 詳しいプロフィールはこちら>>>
転職で勝つための「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

それくらいあなたの人生に意味のあるものを作る、と言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を無料でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。