人生つまらない20代が、たった1週間で人生に革命を起こす方法

この記事は14分で読めます

こんにちは。池谷です。

この記事では、最近人生がつまらね〜な〜と感じている20代の方に、

たった一週間で人生に革命を起こす

方法をお伝えします。

なぜ人生がつまらないのか。

答えは簡単です。

あなたは何も行動しておらず、

要は「暇」なのです。

「自分には豊富な経験とそれによりもたらされる冷静さ」があると自負しており、バカを隠すことが非常に上手な大人からしたら「暇???なんて贅沢なことを言ってるんだ!!」と言われてしまいそうですが、彼らが考えているよりも暇は恐ろしいものです。

使ったら人生が崩壊するとわかっていながら違法薬物を使ってしまう非行少年たちに、なぜ違法薬物を使ったのか?と聞くと、「暇だったから」と答えます。

「暇」という言葉の中には、大きな絶望や憂いが含まれている。

私たちは好きで暇を持て余している訳ではない。

では、なぜ私たちは暇なのか?

何が私たちを暇に陥れているのか?

その疑問にこの記事ではズバリと答えていきます。

ぜひ最後までお読みください。

この記事は結構、長くなってしまったので、

時間がない人は、記事下部の「まとめ」を読むとポイントを押さえることができます。




20代の人生をつまらなくしている原因とは何か?

まず手始めに私たち20代の人生を台無しにしてくれているものの正体を明かしたいと思います。

1。今の大人たち(50代、60代)が作った常識

2。時代に遅れをとりまくっている親

3。テキトーな意見を言う友人

4。20代特有の「謎のプライド」

 

以上、4個。

とても歯切れの悪い数字ですが、この4つが確実に私たち20代の人生を台無しにしてます。

一つ一つ解説していきたいと思います。

1。今の大人たち(50代、60代)が作った常識

まず1個目ですが、

こいつがすべての元凶といってもいいでしょう。

今の大人たちが作った常識によって、私たち価値観やイメージは支配されてしまっているわけです。

 

たとえば、

私たち20代の頭の中にある「大人」という概念自体が、

今の大人たちを小さい頃から観察していきたことにより、出来上がったものですよね。

 

私もやっぱり、父親や街中のサラリーマンを見て、

大人ってこんな感じなんだな〜と、想像を膨らませていましたよ。

 

そうやって、私たちの価値観とかイメージが作られていくわけです。

 

「模倣」

 

これがある種の成長とされているため、

自分の父親や街中のサラリーマンたちが、

自分の「 大人」という概念を形作っているのはしょうがないことです。

 

しかし、

その「大人」というステレオタイプを一旦棚に置いて、

目を見開き、今自分の現実を見てみてください。

 

 

「スーツを着ていない大人」「金髪の大人」「ヒゲが生えている大人」「おしゃれな私服の大人」「平日に遊んでいる大人」「めちゃくちゃ楽しそうな大人」って結構たくさんいませんか?

 

確かに、一歩街を出て、歩いている人を見渡せば、圧倒的数の大人が「いかにもセンスのないメガネをしている」「安そうな靴を履いている」「自分の体系を理解せず服を選んでしまっている」「スーツを来ていて怪訝な顔をしている」と思います。

 

しかし、

そんな大人に混じって、

割と自由な雰囲気を漂わせて生きている大人もいると思うんです。

 

 

服装や見た目の違いは、単純に職業の違いなのでは??

と思うかもしれませんが、それは早合点です。

 

そもそもとして、その職業を選んだということ自体に、

その人の意志や思考体系が職業選びに現れてしまっているのです。

今の時代の流れを汲み取り、大学卒業後はみんなが知っている有名企業に入社し、福利厚生が充実し、残業も少なく、それでいて給料が高い企業に就職するのか。

それとも時代と逆行していようとも、自分の好きや、意志を尊重し、自分の興味があることができる企業に入社するのか。

どちらを選ぶかは、あなた自身のセンスなのです。

 

企業も、そして職業も星の数ほどあります。

最近ではインターネットやツールが発達し、サラリーマンとならず、自分自身の力でお金を稼いでいる人もたくさんいます。

たとえば、

youtuberとかその典型ですよね(笑)

youtuberの他にも、カフェに行けばブロガーとか、旅人とか。

もういろいろいるわけです。

 

そんな光景を私たちは当たり前のように見ていますが、現在50代、60代の大人たちにとってはそうではない。

 

つまり、なにが言いたいかっていうと、

50代60代の大人たちが、20代の時に見ていた現実と、

現代を生きている私たちの目の前に転がっている現実は、

全く持って別物ということです。

 

だって、

昔はインターネットとかないんで(苦笑)

 

 

50代60代の大人たちが、20代の時に見ていた現実ってのは、

本当に自分の目の前のもの。

 

どういうことかっていうと、

例えば、父親がサラリーマンだったら、自分もサラリーマンになるし、魚屋だったら自分も魚屋になるし、青果店だったら自分も青果店になる。

 

それが当たり前だし、常識だったのです。

なぜかというと、手に入れられる情報が限られてしまっていたから。

でも、今はそんな時代じゃない。

 

スマホやiphoneを使って、

OK googleとか言って、検索すればいろんな情報が得られるわけです。

就活だってそうですよね。たぶんインターネットなかった時代は、それこそ合同企業説明会見たいのに行って、

どんな企業があるんだろう・・・・って、そんな感じで自分の足を使って情報を仕入れるしかなかったんです。

現代からしたら、それって超絶非効率ですよね。

 

今は違う。

 

あらゆる情報がこのインターネットで手に入れられるんです。

にもかかわらず、今更、合同企業説明会とか行ってる人間は終わってるんですよ。

時間の無駄でしかない。

 

ちょっと、考えれば合同企業説明会なんて、意味ねーってわかりますよね。

でも、

未だに多くの人が、あそこに行って時間とエネルギーを無駄にしてるんです。

なぜみんなあそこに行ってしまうのか?

それは、みんな行ってるからですよ。

みんなが行ってるから自分もいく。ってなってる。

 

父親が魚屋だったから、自分も魚屋になる。っていう価値観と同じです。

 

これからの時代、

その昭和のマインドを持ち続けている人は、残念ですが、すでに負け組です。

 

昭和のマインド=今の大人たち(50代、60代)が作った常識。

みんなが合同企業説明会に行くから、自分も行って、

みんながサラリーマンになるから、自分もなる。

 

「だって、合同企業説明会に行ったら、実際に企業の人に会って話を聞けるじゃん!」

っていう人もいるかもしれませんが、

本当に行きたい企業があるなら、自分から電話して説明を聞きたいですってアポ取ったほうがいいですよ。

割とそうやって大企業であっても、内定を取ってる人いるんで。

私たちは小学校、中学校、高校、大学で

「稼ぐためにはサラリーマンになれ」って散々言われてきたし、みんなと同じことが一番いいって教育されてきました。だから、みんなテストが返された日は、平均点を死ぬほど気にするし、自分のテストの点数がみんなの平均から離れていないかを確かめてくてしょうがない。

とりあえず平均点を超えられればいいか、と考えている。

 

平均点を取って、満足する人生で良しとしてきたんですよ。

 

私の場合、中学から、思っていましたが、平均点なんてどーでもいい。

周りがどうか?なんて、どーでもいい。

 

今の仕事がつまんねーなら、楽しい仕事ができそうな会社に転職すればいいし、

そもそも会社員自体がつまんねーなら、ネットビジネスで自分で稼げるようになればいい。

稼ぐ手段、生きて行く手段は無限にあるし、その情報はこのインターネットに転がっているってことを覚えておいてください。

 

もしも今なりたいもの、やりたいことがあるなら、

OK googleって言いましょう(笑)

まとめ

今、現実に何があるのかをしっかり見て、自分に必要なものを選びとっていきましょう。

稼ぐ手段、生きて行く手段は無限にあるし、その情報はこのインターネットに転がっているってことを

覚えておいてください。

2。時代に遅れをとりまくっている親

「親」も私たちの人生をつまらなくしているものの一つです。

自分でもなかなかの大胆発言をしているというのはわかっていますが、事実なので。

私たちの親も、

今の大人たち(50代、60代)が作った常識を信仰している人間です。

で、

親が厄介なのが、その思想(=常識)を押し付けてくるという点です。

 

よくわからないのであれば、親に

「ブロガーになりたいから会社やめるわ・・・」って言ってみてください。

 

もうドン引きするほど反対されるんで(苦笑)

たとえば、

「お前にそんなことできるわけないだろ!」って言われます。

親たちは親なりに、私たちのことを考えて彼らなりの思想(=常識)を押し付けてくるのですが、

残念ながら、その思想はすでに時代遅れなんですよ。

あなたは味のしないガムをいつまでも噛み続ける???

〜ブルゾンちえみ〜

彼らが見ている世界とあなたが見ている世界は別物です。

あなたにはあなたの思想がある。そして、それを実践すればいい。

正直、親を尊敬しようが尊敬しまいがどっちでもいいんですよ。

確かに、親は自分を育ててくれたけど、彼らは育てたいから育てただけなんで。

ヤバいのは、「親を喜ばせたい」とか「親を安心させたい」とかって考えで行動していること。

磨いたら輝きそうな可能性が目の前にあるのに、

親基準で考えて、地方公務員になるのはマジで終わってるんで。

まとめ

あなたにはあなたの思想がきっとある。

もしないのであれば、自分の思想を構築し、それを実践していきましょう。

それが一番時代にもあっているし、何より自分に合ってる。

3。テキトーな意見を言う友人

中学、高校、大学、会社の同期。

どの友人でもいいのですが、あなたの行動を妨げてくるような友人は全部切りましょう。

彼らと遊ぶと確かに楽しいのですが、

彼らとの会話の大部分は過去の栄光の話なるし、そんな話はすでに化石でしかないわけですよ。

 

あの「化石」よかったよね〜

あの時の「化石」ウケたよね〜

 

って、話しかしないっすよね?(苦笑)

そんな人間関係は、さっさと切り捨てて、

建設的な話ができる人間とだけ付き合いましょう。

 

マジで、邪魔な友達はさっさと切り捨てたほうがいいですよ。

マイルドヤンキーほど、クソくだらない友達関係をいつまでもだらだら大切していて、

時間と体力を消費し、何一つ成し遂げられずにいます。

おそらくマイルドヤンキーたちは、年取り50代、60代になっても、高校時代の話しかしてないのでしょう。

自分の全盛期は高校時代で終わりました。それ以降の人生は、すべて衰退期でしかありません!!!

と胸を張って堂々と宣言できるほど、自分の高校時代に誇りを持っていればいいですが、そんなの甲子園で優勝した高校球児でも宣言しないでしょう。

 

何かを成し遂げたい。例えば、自分の力でお金を稼げるようになって、会社員をやめたいっていう思いがあるのであれば、ズバッとくだらない友人たちからの誘いを全て断るべきです。

 

友人からの誘いを断ることによって、余った時間を自分のために使ってください。

絶対そこから何か生まれるんで。

多くの人は友達に時間使いすぎなんですよ。

友達といて、あなたの可能性は大きくなりましたか??

 

はっきり言って、1mmも大きくなってないから。

 

友達とだらだら旅行行ったり、居酒屋で化石の話をしたりしてるのは、

ただ一緒にドブに使って沈んでいってるだけですよ。

 

今日から、友達に使っていた時間とお金を全て自分の興味に使ってください。

 

私はその結果、

流れでヨガのインストラクターの資格を取りました(笑)

 

ヨガを一度もやったことがありませんでしたが、

いきなりヨガのインストラクターの資格を取りに来た猛者としてヨガ協会では伝説になっていますw

まとめ

中学、高校、大学、会社の同期。

どの友人でもいいのですが、あなたの行動を妨げてくるような友人は全部切りましょう。

 

4。20代特有の「謎のプライド」

20代にありがちですが、

なぜか「なんでも決めつける」ってことをしてませんか?

たとえば、

人の意見や、噂をそのまま信じてませんか?

「あの上司うざいらしいよ。」

って、同期に言われたとしたら、

自分で確かめもせず、その噂をそのまま信じてる。

 

確かに、その同期にとってはうざい上司かもしれませんが、自分にとってはそうでないかもしれないじゃないですか。

 

実際に私は、その「うざい上司」と言われる人間と、

二人で飲みに行きましたが、みんなから言われているほどうざい上司ではなく、しっかり教育方針を持った思想のある上司だということがわかりました。

 

自分で体験してないのに、何でもかんでも噂とかイメージで決めつけるのは、

絶対人生をつまらなくしてますよ。

 

 

まとめ

自分で体験してないのに、何でもかんでも噂とかイメージで決めつけるのは、

絶対人生をつまらなくしてますよ。

 

以上、4つを捨て去るだけで、

人生が少しづつ変わっていくはずです。

旅に出たり、海外に移住なんてしなくても、人生をつまらなくしている原因を捨て去るだけでいいと思っています。




20代がつまらない人生を変えるためのマインドセット

20代がつまらない人生を変えるために、以下の2つのマインドセットをもってください。

・貯金をやめる

・人生は自由を勝ち取るゲームだと考える

・貯金をやめる

貯金をやめろ!!

と、ここでも大胆発言をしているのは重々承知ですが、ここでは「20代がお金を使うべきもの」について話をしていきたいと思います。

 

私が20代のあなたにお勧めしたいお金の使い道とは、

それは、「体験」です。

 

20代の今は「体験」に対して、投資してください。

 

なぜなら、

純粋に、何かを体験している時間は、

楽しいですし、その体験の中から自分が本当にやりたいことも発見できるので一石二鳥だからです。

 

ちなみに、私の場合、

ヨガは別にやりたいことではありませんでした(笑)

 

いくつ体験したらピンと来るものが見つかるかなんてわかりません。

初めの1個目かもしれないし、10個目かもしれない。

 

そこは人それぞれですが、焦る必要も、諦める必要もないわけです。

その体験一つ一つが、あなたにとって価値になっていますし、

ぶっちゃけ、その体験をブログで面白く書いて、情報発信するだけでお金が稼げたりするんですよ。

 

20代ならではの話題だと思いますが、「自分のやりたいことは何か?」それを見つけろ。

と、世の中一般的によく言われることかと思います。

 

そもそもなぜ「自分の好きなこと、やりたいことを見つける必要性があるのか?」ってことなのですが、

あなたは「なぜ自分の好きなこと、やりたいことを見つける必要性があるのか?」って考えたことありますか?

その理由は実は単純です。

自分の好きなことを見つけられれば、人生の充実度が高まるからです。

つまり、暇じゃなくなるってことです。

 

人生の充実度っていうのは、簡単に言うと、何かに夢中になっている時間です。

何かに夢中になっている時間が長ければ長いほど、日常の嫌なこと、クソくだらないしがらみを忘れていられる時間が長くなる。

その時間って確実に幸福度が高いわけです。

 

もっというと、自分の好きなこと、やりたいことを見つけて、仕事にできたら一番いい。

なぜなら、いくら考えても苦にならないし、困難もらくらく乗り越えられるから。

つまり、その分野において、人の10倍早く成長できる。

だから、

自分の好きなことを仕事にしろと、このブログでも言っているわけです。

 

さて、続いて20代がつまらない人生を変えるために紹介したい考え方は・・・・

・人生は自由を勝ち取るゲームだと考える

人生は自由を勝ち取るゲームだと考えてください。

 

クリアーするための、ルートは無数にありますし、

正直どんな状態を「自由」をとするかも自分次第です。

 

「自由」=お金に困らない状態

「自由」=サラリーマンを辞めた状態

etc

いろいろ自由の定義はあると思いますが、

あなたの定義する「自由」を勝ち取る方法は無限にある。

そう自由を勝ち取る方法は無限にあるんですよ。

無限にあるわけなのですが、あなたは一つでも方法を知っていますか?

 

事実、多くの人は知らないんですよ。

 

なぜかわかりますか?

答えは簡単で、知ろうとしてないから。

それだけです。

少しでも能動的になって、ググるだけでいろいろ出てくるんですよ。

マジで。

 

例えば、私がメルマガで教えているネットビジネスだって、

あなたが自由をつかみ取る為の一つの手段です。

本気になって取り組めば、

ちゃんとしたビジネスを自分でも構築できるんです。

 

当たり前ですが、「誰でも」「簡単に」「1日1時間の気軽さ」で成功するなんてことはありません。

だって、ビジネスだから。

 

本気なって、他人に価値を提供できた人しか成功できません。

 

でも、

ちゃんとした普通の一般人くらいの教養と根気強さと丁寧さがあれば、成功できるんですよ。

学歴とか肩書きとか、年齢とか住んでる場所とかカンケーなく成功できる世界がここにあるわけです。

あなたの可能性を拡大させるものがここにある。

でも、

みんなやらない。

 

なぜかわかりますか??

 

原因は、

 

今の大人たち(50代、60代)が作った常識。

 

こいつです。

 

もうこの記事では口うるさく言って行きますが、

これをさっさと捨ててください。




つまらない人生を変えるために20代がすべきこと

20代がつまらない人生を変えるためにすべきことは、

やっぱり、「何か体験をすること」です。

・自分にとって異常だと思うもの

・自分にとって興味のあるもの

 

これら二つに当てはまるものを、体験しに行くことが、つまらない人生を変えるための第一歩です。

 

有給やゴールデンウィークなどで長期休暇を作って、

海外旅行してみるのもいいし、国内のいろんな場所に行ってみるのもいいかもしれません。

 

いいかもしれないですが、

海外旅行に行っても、国内を縦横無尽に旅行しても、

その長期休暇が終わったら、再び現実に引き戻され、職場と自宅の往復によって1ヶ月経たないうちに、

またつまらない人生が始まります(苦笑)

 

だから、

多くの人は人生を変えたいんだったら、「環境を変えろ」ってよく言いますよね。

「環境を変えろ」ってどういうことかっていうと、自分を取り巻く日常を変えろってことです。

具体的には、仕事、住む場所、人間関係をさします。

 

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

〜 ヘミングウェイ 〜

しかし、

人生がつまらないと感じている人は、それと同時に人生に対して不安を抱えてるがために、

いきなり会社を辞めて、海外移住なんてできる人はほぼいない。

できたら、人生つまらん、なんて言ってないんで(苦笑)

 

そして、ヘミングウェイの言う通り、

あちこち旅をしてまわっても、結局自分からは逃れることはできないんです。

旅をする自分の目がくもりまくっていたら、旅の中に転がっている無数の自分の価値観を変えてくれるかもしれない可能性に気がつかないことも十分にある。

 

つまり、

お金と時間を莫大に使って旅をしても、人生はつまらないままってこと。

だから、

私はスモールステップから始めればいいと思っています。

スモールステップでも確実に前に進む方が、結局は早いんです。

何も焦る必要なんてない。

オススメは、

・読書

・ネットビジネス

 

この二つが確実に人生を面白くしてくれると思ってます。

・「読書」をオススメする理由

読書をオススメすると、どんな本を読んだらいいですかね?と、

質問されそうなので、先に答えておきますが、

 

あなたの興味がある本を読めばいい。

 

村上春樹でも、ヘミングウェイでも、カントでもルソーでもなんでもいい。

本の中には確実に、

その著者が生きてきた中で見つけた人生における答えがたくさん散りばめられています。

ファンタジーであったとしてもです。

 

本の中から、あなたが見つけた答えはまさしく、今あなたに必要だったもの。

・「ネットビジネス」をオススメする理由

この世のほとんどはビジネスです。

 

あなたが会社でしていることもビジネスですし、

夢の国と言われているディズニーランドだって、非常に考え抜かれたビジネスなんです。

にも関わらず、多くの人は「ビジネス」のことを知らなさすぎる。

 

そりゃ、いつまで経っても自由なんて勝ち取ることはできないよね。と。

私もこうしてブログを書くことで収益を得ていますが、

ここまで来るのに約2年かかりましたよw

 

その間、高校、大学の友人からの飲み会の誘い、遊びの誘いも、会社の飲み会の誘いも断りまくって、

このネットビジネスに専念してきました。

 

マジでこの2年間、平日の日中は会社で仕事、平日の夜と休日はネットビジネス。という、

ほとんど仕事しかしていない日々を過ごしてきました。

世の中に言う、「リア充」からは程遠い生活です(笑)

でもね。

人生がつまらない。なんて1秒も思ったことがありません。

だって、

少しづつだけど、確実に自由と自分の人生を勝ち取っているから。

この20代という最もエネルギーがあり学習能力も高い時期に、

ネットビジネスを学び、それを実行するのは本当に理にかなっている。

私以外にもネットビジネスで稼いでいる人たくさんいますよ。こんな感じで↓↓

https://www.mazimazi-party.com/

私はマジで何にもないところから、始めたため収益を得るのに2年かかっていますが、

おそらく3年しないうちに会社を辞められるだけの収益は得られるようになるでしょう。

当然、望んだ結果が出なくて、

あ〜苦し〜。。。

つらい〜〜。。。

ってことも多々ありました。

でも、人生において、たった3年を「お金を稼ぐこと」に全掛けすれば、会社なんて辞められるくらいのお金を自分一人の力で稼げるようになるんですよ。

ワクワクしないはずはないじゃないですか。

何か行動して、失敗しても、成功しても、

同じ量だけ学ぶことがあり、徐々にレベルアップして、自己世界を拡大していく。

今まで到達できなかった領域に行くこと。

これをinto the wildとしています。このブログのタイトルでもあります。

人生つまらないんだったら、マジで「お金を稼ぐこと」に本気になってもいいと思います。

 

夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る。

〜 坂本龍馬 〜

 

人生つまらないと言い続けた結果、訪れる未来

未来とは、今である。

〜 マーガレット・ミード 〜

 

 

「とりあえず働けているからいっか」

「世間にはもっと辛い思いをしている人がいる」

「自分はまだマシ」

 

こういった、

自分に嘘をつき続けた人間が発する言葉を、

あなたも同様に言うようになります。

 

 

以上3つの言葉がなぜ嘘をつき続けた人間が発する言葉なのかというと、

3つの言葉全てが、現状に不満を抱きながらも、その不満をなんとか押し殺し、なんとか自分自身を納得させている言葉だからです。

 

本当は嫌だ。

でも、納得せざるを得ない。

 

酒を飲み、タバコをふかしながら、かっこつけて「俺なんてマシな方だよ」とか、そんな言葉を発してくる男は全員、

嘘つきで偽物なので気をつけてください。

 

現状に不満を抱えているならば、そこから脱出する努力をした方がいいですよ。

確かに30代、40代となり、結婚し、子供もいれば、自分の意志だけで仕事をやめたり、転職するのは少し気が引けるのは確かでしょう。

しかし、私たち20代は違いますよね。

 

結婚もしていない、子供もいない。転職しても、誰の迷惑でもない。

だったら、多少なりとも自己中になってもいいんじゃないでしょうか?

 

むしろ、自己中になって自分の道を追い求められるのは、今しかないんです。

それなのにもかからわらず、なににも挑戦せず、友達とだらだら酒を飲み、遊びに明け暮れているのは、マジでもったいないっすよ。

 

素晴らしい30代、40代を過ごしたいならば、

今頑張るしかないんですよ。逆に、30代、40代で「とりあえず働けているからいっか」 「世間にはもっと辛い思いをしている人がいる」「自分はまだマシ」とか言っている大人は確実に20代をテキトーに過ごしているんで。

 




1週間で自分を変えるきっかけを手に入れる方法

自分を変えるきっかけは、外から飛び込んでくるものではありません。

自分から手に入れにいけないといけないんです。

かといって、旅に出ようとしないでくださいね(苦笑)

自分を変えるには、「今まで取り入れてこなかった情報」を自分の中に入れることです。

 

・50代60代たちが築いた常識

・決めつけや根拠のないイメージ

・貯金

によって、あえて触れてこなかった情報に触れていくことが大事です。

だから、

旅に出たり、海外に行ったりすることによって、強制的に「自分にとって異常な情報」に触れようとオススメする人が多いわけです。

 

確かにそれでも「今まで取り入れてこなかった情報」を自分の中に入れることはできるのですが、

そこまでしなくても、

本を読んだり、ネットビジネスをすることでも十分。

「大切なものはいつも足元にある」ってこのことですね。

 

ぶっちゃけ、本を読めば変わるので、

自分を変えることなんて1週間あれば十分ですよ。

あえて、オススメするならアランの幸福論ですかね。

アランの幸福論をAmazonで買う>>>

私も大学受験に失敗し、絶望していた時にアランの幸福論に出会い人生が変わりました。

厳密には、何も変わっていないんです。

 

変わったのは自分の捉え方。

でも、それだけでも大きな一歩だし、人生変わってるんで。

 

リンク先のアランの幸福論はミツバチが描いてあるなかなかプリティーな感じですが、

これでいい。

私もまさにこれを読みました。

 

そう。

人生は一週間あれば変わる。

だから、諦める必要なんて1mmもないんですよ。

20代で人生諦めて、だらだらスーパードライを飲んでるなら、

さっさとアランの幸福論を読んだほうがいいですよ。

まとめ

長い記事でしたが、読んでいただきありがとうございました。あなたが充実した日々を過ごせば、きっとあなたに救われる人もいる。それを忘れないでください。

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。

〜 ゲーテ 〜

<この記事を書いた人>
【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中)

詳しいプロフィールはこちら>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

池谷の公式メールマガジン

私のメルマガで目指すのは、

世界のヤバい奴らと繋がれる自分!



・自由気ままにフリーランスとして働き、自分の好きな時間に起きて、好きなカフェで好きなコーヒーを飲んで、行きたい場所に行き、パソコンを開き、気の合う仲間達だけと仕事をしてるのに年収2億円を毎年叩き出すインターネットマーケター

・ちょっと海外に行って違う文化に触れたいと思った、と言って気が済むまでフランス、イタリア、スペイン、スウェーデンなど海外へ行ってしまい頻繁に音信不通となるデザイナー

・激務として知られるコンサルティング企業で毎日3時間睡眠という超ハードモードな生活をしながらも、ブロガーとして月収数十万円を稼ぎ出している会社員

・超有名ブラック企業で約20年間働いたのち、会社を辞め、その後世界を飛び回り、アゼルバイジャンで2000万の不動産を購入した元プログラマー

私のメルマガに無料登録いただいた方を、

こういったヤバい奴らと繋がれる世界に連れて行こうと思います。

※ メールアドレスを入力し、登録ボタンを押すと無料で通信講座を受講できます。

期間限定特典付きで、無料登録する!

  メルマガの内容や詳細はこちらからご確認ください メルマガについて>>>

関連記事

    • kamuy
    • 2017年 3月25日

    記事を読ませてもらって、本当に共感できました。

    現在絶賛就職活動中ですが、本当にこのレールに沿った人生が正しいのかと疑問に感じている自分もいます。

      • ikeya
      • 2017年 3月27日

      kamuyさま

      コメントありがとうございます。
      このブログを運営しています池谷と申します。

      まずは就活をして、企業に就職をしてみてもいいと思います。
      私がkamuyさまに、まずは就職をお勧めする理由は3つあります。

      1。就職したら、企業でも様々な体験をさせてもらえるから。
      2。給料が手に入るから。
      3。就職しておいたほうが、転職しやすいから。

      1。就職したら、企業でも様々な体験をさせてもらえます。
      もしかしたらその体験の中から本当に自分の感性にしっくりくるものが見つかる可能性もあるかと思います。
      逆に、自分がやりたくないこともはっきりわかってくると思います。

      そうした体験の中で、自分にはどんな仕事が向いていて、どんな仕事が向いていないのかをどんどん見つけて行って、
      もしその職場が嫌ならば、転職をしてみてください。

      自分に合うもので人生を満たしていけば、きっと満足度、充実度の高い人生になりますよ。

      2。給料が手に入るから。
      就職する理由として、この「給料が手に入る」ということは結構大きいです。
      学生時代には、お金がなくてなかなかできなかったことが、できるようになります。
      そのお金は、「自分の興味」、または「人の話を聞くため」に使ってみてください。

      お金を「人の話を聞くため」に使ってみようとは、記事では書きませんでしたが、
      これ結構重要です。

      具体的にいうと、
      いままで自分が出会ったことのない種類の人間に話を聞きに行くといいと思います。
      その人たちの話を聞くことで、「こういう生き方もあったんだ」ってことがわかると思います。

      聞いた生き方の中で、
      実践してみたいものがあれば、実践してみていいと思います。

      「いままで自分が出会ったことのない種類の人間に話を聞く」
      これはいまからでもできることなので、ぜひ今日からやってみてください。

      3。就職しておいたほうが、転職しやすいから。
      もしkamuyさまが、今後「この仕事やりたい!」って仕事を見つけた時に、
      フリーターよりも社会人をやってたほうが、転職しやすくなるのは事実です。

      この社会においては、やっぱり真面目に社会人をやっていた人間のほうが信用されるので、
      今後、自分の本当にやりたいことが見つかった時に、そちらに楽にシフトできるよう、
      ひとまず、就職しておいてもいいと思います。

      最後に。
      おそらくkamuyさまには、あと約1年の学生期間があると思います。
      記事でも書きましたが、その時間をグダグダするために使うのではなく、
      自分の可能性が拡大させるために使ってください。

      先ほども書きましたが、
      お勧めは、「いままで自分が出会ったことのない種類の人間に話を聞く」こと。

      現段階では、おそらく自分がどういった生き方をしたいのか?
      が明確でないと思います。

      なので、まずは「自分にとって変な人間」に会いに行き、どんな生き方をしていたのか?
      を聞いてみてください。

      ・セレクトショップの店員
      ・化粧品売り場の店員
      ・その辺のサラリーマン
      ・テレビ業界の人間
      ・バンドマン
      etc

      まずは自分と同じ趣味を仕事にしている人間に会いに行くといいと思います。

      で。
      会ったら「なんでこの仕事をしているのですか?」って聞いてみる。

      きっと彼らの多くは語り始めるので。
      居酒屋とかで隣にいる人に話しかけてみるのもいいと思います。

      見ず知らずの人間に話しかけるのは、ハードル高いですが、
      それ以上の報酬がもらえるので、かなりおすすめですよ。

      では、長くなりましたが、
      ご参考になれば幸いです。

      ありがとうございました。

    • ポンタ
    • 2017年 8月27日

    池谷さん、はじめまして。
    コメント失礼します。

    この記事を読ませてもらって、とても勇気を貰うことができました。

    僕は新卒就活で所謂、常識に囚われて中身のない就活をして、失敗した人間です。
    その後、既卒で就活をやり直すも、ある企業の面接で「新卒で内定のなかった君に社会的な価値ってあると思う?」と言われて、面接官の真意は分かりませんが、僕はこの言葉でドロップアウトし、
    以後、ネットビジネスを始め、今では月収30万ほどにはなりました。

    しかし、この生活も先日、崩れ去りました。
    親から「情けない人間になって、アナタにお金をかけたことは無駄だった。」と言われ、初めて家を出たいと強く思ったものの、今の僕には社会的信用度がないと気付いたからです。

    今はとにかく、家を出るためにもう一度就活を始めて、早く環境を変えようと頑張っています。
    将来的にはネットビジネスや株など、自分の力で自分のために稼ぐ生活をしたいと思っているので、
    その目標に向かって、今は就活と独り暮らしを通過点に定めました。

    こんな考えを持ち、こんな生活を送ろうとしている自分は間違っているんじゃないか?異常なのではないか?と思っていた時、この記事を読み、背中を押してもらえた気がしました。
    まだ確信はありませんが、僕の感じたこと、考えていることは、たぶん間違ってはいないと思えるようになりました。

    大袈裟な言い方かもしれませんが、この記事に出会えてよかったです。
    ありがとうございました。

    コメント、長々と書いてしまい、申し訳ございません。

      • shen
      • 2017年 8月28日

      ポンタさん。
      初めまして。池谷と申します。
      コメントいただきありがとうございます。

      よく言われることですが、
      自分のセルフイメージを下げてくるような環境からは、
      さっさと離れたほうがいいですよ。

      そういった環境にいる限り、
      行動を起こすためのモチベーションも尽きていきますし、そうなってしまえば人生そのものが台無しになってしまう。
      とにかく、自分のモチベーションが維持される環境を積極的に構築していきましょう。

      「親」という存在が最悪なのは、
      彼らは良かれと思って、子供の人生を台無しにしてくること。

      もしかしたら、
      就活をしているポンタさんに対して、親はアドバイスしてくるかもしれませんが、
      完全に無視でいいと思います。

      なぜなら、
      彼らの価値観はすでに時代遅れだから。

      どこの企業を受けるのか、どの業種を受けるのか。
      すべて自分のセンスを信じましょう。

      「情けない人間になって、アナタにお金をかけたことは無駄だった。」
      っていう、
      親として全くセンスのない言葉を発してくるような人間の言葉に価値はないんですよ。

      情けない??
      自分の子供にそんなことを言ってくる親の方が情けないんで。

      また、「新卒で内定のなかった君に社会的な価値ってあると思う?」
      とか言ってくる、頭の硬いおっさんがいる企業に逆に入らなくて良かったですよ。

      父親だろうが、母親だろうが、課長だろうが、部長だろうが、社長だろうが、クソなやつはクソでしかないんで。

      もしもネットビジネスで、web系に興味があるなら、
      seo会社に就活してもいいと思いますし、就職歴がなかったとしても可能性はまだまだ大きくあります。

      就活ダメだった → ネットビジネスで稼ぐ
      という柔軟な選択肢を見つけて実行できる思考があるなら、頭の硬そうなおっさん達がたくさんいる古い企業ではなくて、
      ベンチャーでもいいと思いますよ。

      どんな企業があるかは、
      いろいろ検索をかけてたり、複数の転職サイトに登録して探してみてください。

      『将来的にはネットビジネスや株など、自分の力で自分のために稼ぐ生活をしたいと思っているので、
      その目標に向かって、今は就活と独り暮らしを通過点に定めました。』

      私はそれでいいと思います。
      まずは、就活ですね。

      まずはそこに自分の力をオールインしていきましょう。
      就活にもネットビジネスで学んだ知識が大いに役立つはずです。

      ネットビジネスで30万円稼げる集中力があるなら、きっと就活もうまくいきますよ。

      何か力になれたなら幸いです。

      池谷

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る