キャリアプラン構築術

【必須スキル】成功者になるためのキャリアプラン構築術(時代の流れを読む方法)

ここではこれから転職活動を始める人のために、キャリアプランを構築する上で、“絶対に考えるべきこと”をお話ししていきます。

「あなたの今後のキャリアプランを教えてください」

転職活動の面接の場でも、たまに聞かれる質問です。もちろん、この質問に論理的に答えられなければ、考えの浅い人としてみなされ、内定の確率は低下するでしょう。

それだけではなく、キャリアプランがないということは、志望動機もやりたい仕事の根拠もただの「感情」やその場限りの考えで述べているという判断をされてしまいがちです。

なぜなら、志望動機もやりたい仕事も、その求人を選んだ理由も、全てキャリアプランがある上で決定されるのが普通だからです。

 

もしも現在、転職活動をしていて志望動機が思いつかない、やりたい仕事もないという人は、キャリアプランがないのでは?

この記事を読むことで、「成功者になるためのキャリアプラン構築術」を身につけてください。

お時間がない方はこちらの動画でも内容を理解いただけます。(約5分間)

 

会社員としての成功とは何か?

あなたにとって成功とはなんですか?

まずは会社員の成功とは何なのか?を解説していきますね。

結論からいうと、会社員としての成功とは、「自分の価値が上がり続けていくキャリアプランに乗れた人」のことをさします。

一般的に成功者といえば、一発逆転大金持ちですが、僕ら会社員としての成功はそれではありません。自分の価値が停滞することなく、転職活動のたびに上がり続けていくキャリアプランを組みそして実行していくことをさします。

僕がこのように成功を定義した詳細は以下の記事をぜひお読みください。

【経験者が語る】転職で一番大事な理論についてここでは、これから初めて転職活動を行う人のために、「勝つためのキャリアプラン構築理論」(キャリアアゲインスト理論)をお話ししていきます。...

 

会社員としての成功を手に入れるためには?

以上に定義したような成功を手に入れるために、転職活動の時に絶対に気をつけてほしいことが3つあります。それは、

1。自分のスキルを高め、増やせる企業に転職する

2。自分の経験を増やせる企業に転職する

3。自分の値段が上がる企業に転職する

これです。

この3つを意識して、転職活動をすれば必然的に自分の価値が上がり続けていくキャリアプランに乗る」ことができています。

「じゃあ、実際に行動に移しましょう!」

となったときに、ある問題が出てきます。

それは、

問題

「どんなスキルを上げれば、自分の価値が上がるのか?」

「どんな経験を増やしていけば自分の価値が上がるのか?」

「どんな業界にいけば自分の価値が上がるのか?」

というものです。

この問題に答えるのは、結構難しい。だから、多くの転職関連の本や、成功者たちはこういいます。

「自分の心からやりたいと思えるものをやれ!」と。

しかし、「と言われても・・・・そんなのないな〜」というのが本音ではないでしょうか?そんなものがあったら、もうやっているんだよと。

僕らにはそんなものはない。じゃあ、成功者になることはできないのか?というとそんなことはないと思うのです。僕らには僕らの成功戦術がある。

僕ら会社員の成功戦術において、最も大事な力であり、以上3つの問題に答えを出すために必要な力があります。

それは、「時代の流れを読む力」

大局観と言ってもいいのかもしれませんが、ここではわかりやすく「時代の流れを読む力」にしましょう。

時代の流れを読むことができると、その時代のどんなものが価値を持つかがわかるようになるのです。

ちなみに、「価値」って絶対的なものではなく、相対的なものです。

例えば、円の価値も、ドルの価値も日々変動しているし、少し昔では「携帯(ガラケー)すげー」ってなっていましたが、今では携帯(ガラケー)の価値は薄くなり、スマホに大きな価値を感じていますよね。

ここで1つ覚えておいてもらいたいことがあります。

それは、「価値」は人間が決めているということです。

機械が何かを計算式を使って算出しているわけではないのです。僕ら人間がそのときの感情で価値が決まっているのです。

例えば、より多くの人がまたガラケーほしい!!ってなればガラケーの価値は上がるし、iPhoneいらねーってなったら、iPhoneの価値は下がるのです。

簡単な話ですよね。結局人間の気分で、価値は決まっているということなのです。

以上のことを踏まえて、次の話に行きましょう。

時代の流れを読むことができるとどうなるのか?

時代の流れを読む力がついてくると、

会社員成功フロー

時代の流れが読める

「どんなスキルを上げれば、自分の価値が上がるのか?」がわかる

「どんな経験を増やしていけば自分の価値が上がるのか?」がわかる

「どんな業界にいけば自分の価値が上がるのか?」がわかる

自分の価値が上がり続けていくキャリアプランに乗る」ことができる

成功者になれる

ということになります。

時代の流れが読めれば、次にどんなものが価値を持つのかがわかるので、常に成長産業、成長分野に移動できる、ということになります。

その成長産業で、アーリーアダプターとなれるわけです。アーリーアダプターとして、いち早く成長分野におけるスキル、経験を身に付けられれば、それを供給できる人になる。

価値があるもの(みんなが欲しい!って思っているもの)を、自分が持っている状態になれるわけです。

つまり、多くの企業が欲しいって思っている「スキル、経験」を持っている状態です。

その状態であれば、あなたの価値は非常に高いと言えますし、そこで転職すれば年収は大きくアップするでしょう。

 

時代の流れを読む方法

「時代の流れを読む」と言ってしまうと、難しそうに聞こえるかもしれませんね。しかし、以下2つのことを踏まえれば簡単です。

ポイント

1。人間の気分で、価値は決まっている

2。「楽したい」というモチベーションを常に人間は持ち続けている

楽したいという気持ちを叶えるために、技術が進歩し、時代が前に進んできました。

楽をする = 簡単化、可視化、効率化、機械化

です。

FacebookもAmazonも、人間のめんどくせーって気持ち、楽したいという気持ちを叶えるサービスを提供できたからこそ、あそこまで大きな会社になれたのです。

じゃあ、これからの時代、自分が今属している業界は、どのようになっていくのか?これはもう自分で考えるしかないのです。

「考えられないから困っているんだろ!」って感じかもしれませんが、意外と簡単に答えは導き出せますよ。

例えば、どの業界にも当てはまることですが、これまで人間が行なっていた仕事がどんどんIoTと機械化によって取って代わられます。

だから、僕らの会社員の一つの道筋としては、

・IoT、機械などの自動化サービスそれ自体を作る人になる

・IoT、機械などの自動化サービスを卓越して使える人になる

・IoT、機械などの自動化サービスをその会社に導入することができるようになる

この辺りに関わる仕事をして、IoT、機械などの自動化サービスのスキルまたは経験を手に入れることによって、自分の価値が上がり続けていくキャリアプランに乗る」ことができると僕は考えています。

ただこれはあくまで一つの答えなので、まだまだまだ他の答えがあると思います。参考までにどうぞ。

時代を読んだ上での会社選び

さて。上記のことを読んで、「よし!じゃあ、IoTに強い会社に入ろう!」というのは早合点です。求人を選ぶときにぜひ気をつけて欲しいことがあります。それは、

1。自分のスキルを高め、増やせる求人を選ぶ

2。自分の経験を増やせる求人を選ぶ

3。自分の値段が上がる求人を選ぶ

当たり前のことかもしれませんが、とりあえず職種はなんでもいいからその会社に入ろう!ではダメなのです。重要なのは、自分の価値を上げることです。

つまり、実際に手を動かしIoT、機械などの自動化サービスのスキル、経験を身につけられる職種に応募してください。

いきなり大企業には入れない

残念ながら、未経験でいきなり大企業に正社員として雇用されることはほぼありません。

だから、ベンチャー企業でいいんです。

先ほどと理由は同じです。実際に手を動かしIoT、機械などの自動化サービスのスキル、経験を身につけ手に入れることが目的だから。

一発逆転大勝利の法則

この世の中に、そんなものはない。いや、あるのかもしれませんが、実際にアメリカン・ドリームみたいなものを追い求めてもしょうがないのです。

なぜなら、期待値が限りなく低いから。

そんなものを真面目に追い求めている時間は僕らにはないのです。確実に成功する方法を地道に実践するしかないわけです。

少しだけ僕の話をさせてください。

僕は数年前からゴールドジムに通い、トレーニングをしています。正直、去年の夏まではそこまで本気でトレーニングをしていませんでした。

だから、筋肉を分解する作用のあるアルコールも普通に飲んでいたし、別に食事も管理しておらず、食べたいものを食べたいだけ食べていました。

でも、あるきっかけで去年の夏から、ちょっと本気で鍛えてみたのです。お酒もほぼ飲まないし、食事管理も行い、ジムに行く回数も増やしました。

すると、みるみる筋肉がつき始めたのです。

何が言いたいかというと「最も確実な成功法則は、1から丁寧に積み重ねて行くこと」であるということです。

僕らの心は弱いので、どうしても楽をして大きな結果を得ようとします。(これは先ほど紹介した「「楽したい」というモチベーションを常に人間は持ち続けている」ということに繋がりますね)

僕のトレーニングでいうと、筋肉に悪いお酒も飲むし、食事管理もしないし、ジムに行く回数も少ない、それなのに理想の肉体を手に入れたい!っていうのは無理なのです。

でも、逆にお酒を控えて、食事管理をしてジムに行く回数を増やすだけで、理想の肉体は手に入る。

当たり前のことを地道に積み重ねれば、本当に理想の結果が手に入るということです。

これはキャリアでも同じです。

ベンチャーから積み重ね、価値あるスキル、経験を積み重ねて自分自身を成長させていけば、必ず成功が手に入ります。なんら特別なことはしなくていいのです。本当にやるべきことをやるだけでいい。

そう思うと少し気が楽になりませんか?

変に気張らず、落ち着いていきましょう。

まとめ

最後にまとめます。

会社員としての成功とは、「自分の価値が上がり続けていくキャリアプランに乗れた人」のことをさします。僕がこのように成功を定義した詳細は以下の記事をぜひお読みください。

【経験者が語る】転職で一番大事な理論についてここでは、これから初めて転職活動を行う人のために、「勝つためのキャリアプラン構築理論」(キャリアアゲインスト理論)をお話ししていきます。...

以上に定義したような成功を手に入れるために、転職活動の時に絶対に気をつけてほしいことが3つあります。それは、

1。自分のスキルを高め、増やせる企業に転職する

2。自分の経験を増やせる企業に転職する

3。自分の値段が上がる企業に転職する

これです。しかし、この3つを実践する上で問題点が浮上します。それが以下の3つ。

「どんなスキルを上げれば、自分の価値が上がるのか?」

「どんな経験を増やしていけば自分の価値が上がるのか?」

「どんな業界にいけば自分の価値が上がるのか?」

これらの問題を解決する糸口になるのが、「時代の流れを読む力」。この力のポイントは以下の通りです。

ポイント

1。人間の気分で、価値は決まっている

2。「楽したい」というモチベーションを常に人間は持ち続けている

楽したいという気持ちを叶えるために、技術が進歩し、時代が前に進んできました。(楽をする = 簡単化、可視化、効率化、機械化)

このように考えると今後確実に価値を持ってくるのは、IoT、機械などの自動化サービスのスキル、経験を身につけている人間。

以上がこの記事のまとめです。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の記事でお会いしましょう!

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。