仕事が遅いという悩みをマイペースのまま解決する方法

この記事は6分で読めます

こんにちわ、池谷です。

 

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

・仕事が遅い人の特徴

・仕事が遅い人は能力が低いのか?

・仕事が遅い人が集中力を獲得する方法

・仕事が遅いという悩みをマイペースのまま解決する方法

・まとめ

 

 

仕事が遅い人の特徴

仕事が遅い人の特徴は、以下のようなものです。

・覚えるノウハウを知らない

・覚えるべき仕事をするチャンスが少ない

・能力が低い

・注意をした時の返事の仕方で仕事が覚えられない人が分かる

・メモを取らない

・分かったふりをする

 

これら一個一個についての、対処法を以下の記事で紹介してるので、

以上の事柄に当てはまっている人はぜひ読んでください。

仕事覚えが遅い人と早い人の特徴と共通点とは

 

 

またこれ以外に仕事が遅くなってしまう大きな原因があります。

それは「完璧主義」です。

 

私自身も完璧主義だったことがあるのですが、

確かに仕事のスピードは他人と比べて遅かったです。

「他人よりもいいものを作ろう」

「人の役に立つものを作ろう」

とこだわりを持って仕事をしている人ほど、「完璧主義」に陥り、

仕事のスピードはどんどん遅くなっていきます。

 

確かに「他人よりもいいものをつくる」という、

マインドは素晴らしことです。

 

しかし、

その商品が売れるか、売れ残るかは、私たちが決めることではありません。

全てはお客さんが決めることです。

 

あなたの仕事も同じです。

あなたがその仕事の評価を決めるわけではありません。

上司が仕事の評価を決めるのです。

 

「今日の俺のファッションは絶対かっこいい!!!」

と思って彼女に会いに行っても、そのファッションセンスを否定されることもあります。

 

「この俺の人生をかけて撮った映画は絶対ヒットする!!」

と思っても全然ヒットせずに終わる何てこともザラです。

 

「俺のバンドは絶対メジャーデビューできる!!」

と思っても多くのバンドは消えていきます。

 

 

なぜだかわかりますか?

「今日の俺のファッションは絶対かっこいい!!!」

「この俺の人生をかけて撮った映画は絶対ヒットする!!」

「俺のバンドは絶対メジャーデビューできる!!」

 

これらは全て妄想でしかないからです。

 

「人一倍時間をかけてクオリティをあげた俺の仕事は必ず評価される!!」

これも妄想です。

 

完璧主義なんて妄想でしかないのです。

 

「あぁ、自分も完璧主義だったな・・」

と思った人はすぐに以下の記事をぜひ読んでください。

 

完璧主義を克服して、行動のフローに入ろう!物事を難しく考えるのは辞めだ。

 

 

仕事が遅い人は能力が低いのか?

仕事が遅い人は能力が低んですかね?

私はそうではないと思っています。

 

先ほども書きましたが、私もくだらない完璧主義を採用して仕事をしていたため、

かなり他人よりも仕事が遅かったです。

 

しかし、

今はそんなことありません。

 

どちらかといえば、現在では他人よりも仕事は早いですし、

早い上に他人よりも仕事をこなしているのでかなり生産性が上がっています。

 

なぜこんなことが可能になったかというと、

「仕事のやり方を変えたこと」と「仕事への考え方を変えただけ」

それだけなのです。

 

このブログのテーマはサラリーマンの可能性を拡大すること=into the wildすることです。

 

自分の可能性を拡大するためには、

今自分が大事に持っている価値観を一度全て捨てる必要があります。

 

「今自分が大事に持っている価値観」

とはなにかというと「常識」とか「自分のやり方」とかそういったものです。

それらは全て妄想でしかありません。

 

それら妄想を投げ捨てて、新たに「仕事をより速くより正確に行える方法」を採用するだけなのです。

 

正直、仕事のスピードを速める方法なんてどこにでも書いてあります。

あなたの職場付近の本屋にも売っているでしょうし、ネットにも書いてあります。

もちろん私も書いているので、ぜひ読んでみてください。

仕事のスピードを速める3つのコツ

 

 

仕事が遅いのは、能力が低いからではなく、
単純自分のやり方にこだわっているだけだからです。
そのこだわりが仕事の質を下げ、スピードも下げているのです。

大事なのは「王道」を歩むこと。

 

 

受験勉強も、仕事のしっかりと「王道」さえ歩めれば、

結果が出るのです。

でもって、
その王道はどこでも書いてあります。

まずは私が書いた記事を読んでみてください。

 

仕事のスピードを速める3つのコツ

仕事が遅い人が集中力を獲得する方法

仕事が遅い人の特徴の一つとして、集中力がない。

ということが言えると思います。

 

それはなぜかと言ったら、単純に「睡眠不足だから」ということが多いのではないでしょうか?

 

よく昨日、会社に何時まで残ってましたとか、

あいつの月の残業時間は???時間だったとか、そういうのが美徳とされる雰囲気が、

まだまだどこにもあると思います。

 

そういうやつらは基本何も考えてないだけなので、

無視してください。

 

マジで無意味ですから。

 

っていう僕も昔は

『努力=肉体、精神をどれだけ捧げられたか?』だと思ってました。

 

そういった昭和な考えはもう捨ててください。

大事なのは最小の努力で、最大の結果をだす方法を考えることです。

 

 

そう。

大事なのは「最小の努力」「最大の結果」なのです。

「人間は、考えるという真の労働を避けるためなら、どんなことでもする」

トーマス・エジソン

 

勢いだけで突っ走るだけでは、だめだめな結果しか得られません。

まずはどの道が最短かを考える必要があります。

 

「どの道が最短かを考えるとき」

「最大の結果を得るために行動するとき」

両方に必要なのは「集中力」です。

 

 

「最小の努力」で「最大の結果」を得たい人は以下の記事を読んでください。

仕事が睡眠不足で効率が上がらないあなたへ

 

 

仕事が遅いという悩みをマイペースのまま解決する方法

結論から書いていきますが、

マイペースのまま仕事が遅いという悩みを解決する方法とは、

 

「極限までにやるべきことを削る」

 

 

 

もうこれしかないんですよ。

実はこれ完璧主義の人が仕事が遅い理由とつながってくるのですが、

完璧主義の人が仕事が遅い理由って、めちゃくちゃやることが多いからなんですよね。

 

仕事が遅い人はその逆を行くしないのです。

極限までに無駄を削る。

これをするために欠かせないのが、課題の分析です。

 

多くの人は「とりあえずやっていけばなんとか道は開けてくるだろう」と考えて、

何も考えずに仕事を始めてしまいます。

 

しかし、

これが大間違い。

 

これでは必要以上に無駄なステップが多くなってしまうのです。

 

これは地図を見ないで、

新宿から東京ディズニーランドに行くようなものです。

道を模索しながらですし、到着するまでに確実に道を間違えますよね。

 

そうじゃなくて、車を発進させる前に、

すぐにスマホの地図アプリを使って、道を検索してから出発しよう!ということです。

 

これなら道を間違えずに、最短で東京ディズニーランドに到着することができますよね。

 

 

「極限までにやるべきことを削る」

っていうのは仕事の範囲にとどまりません。

 

自分の仕事の時間を奪ってくるものすべてを削るのです。

 

「同僚とくだらない噂話をする時間」

「コーヒーを飲む時間」

「無駄に相手に気を使っている時間」

デスクを離れて無駄な動きをする時間をできるだけ削るのも必要になってきます。

「成果をあげる者は仕事からスタートしない。計画からもスタートしない。

何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。

次に、時間を管理すべく、自分の時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。

そして最後に、その結果得られた時間を大きくまとめる。成果をあげる者は、

時間が制約要因であることを知っている。あらゆるプロセスにおいて、

成果の限界を規定するものは、もっとも欠乏した資源である。それが時間である。」

ドラッカー

 

何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。

マジでこれなんですよね。

 

会社の中で出世する人って、必ず手帳を持っています。

それはなぜかというと、自分の時間が何によって奪われているかを確認するためなのです。

 

自分のマイペースな仕事スピードを保ったまま結果を出すために、

まずは自分の時間が何によって削られているのかを確認するとことから始めましょう!

 

 

 

まとめ

・仕事が遅い人の特徴

仕事が遅い人の特徴は、以下のようなものです。

・覚えるノウハウを知らない

・覚えるべき仕事をするチャンスが少ない

・能力が低い

・注意をした時の返事の仕方で仕事が覚えられない人が分かる

・メモを取らない

・分かったふりをする

これら一個一個についての、対処法を以下の記事で紹介してるので、

以上の事柄に当てはまっている人はぜひ読んでください。

仕事覚えが遅い人と早い人の特徴と共通点とは

・仕事が遅い人は能力が低いのか?

私はそうではないと思っています。

先ほども書きましたが、私もくだらない完璧主義を採用して仕事をしていたため、

かなり他人よりも仕事が遅かったです。

しかし、

今はそんなことありません。

どちらかといえば、現在では他人よりも仕事は早いですし、

早い上に他人よりも仕事をこなしているのでかなり生産性が上がっています。

なぜこんなことが可能になったかというと、

「仕事のやり方を変えたこと」と「仕事への考え方を変えただけ」

それだけなのです。

 

 

 

・仕事が遅い人が集中力を獲得する方法

仕事が遅いのは、能力が低いからではなく、
単純自分のやり方にこだわっているだけだからです。
そのこだわりが仕事の質を下げ、スピードも下げているのです。

大事なのは「王道」を歩むこと。

受験勉強も、仕事のしっかりと「王道」さえ歩めれば、

結果が出るのです。

でもって、
その王道はどこでも書いてあります。

まずは私が書いた記事を読んでみてください。

仕事のスピードを速める3つのコツ

・仕事が遅いという悩みをマイペースのまま解決する方法

マイペースのまま仕事が遅いという悩みを解決する方法とは、

「極限までにやるべきことを削る」

もうこれしかないんですよ。

実はこれ完璧主義の人が仕事が遅い理由とつながってくるのですが、

完璧主義の人が仕事が遅い理由って、めちゃくちゃやることが多いからなんですよね。

 

 

 

<この記事を書いた人>
【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中)

詳しいプロフィールはこちら>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

池谷の公式メールマガジン

メルマガで目指すのは、

会社に頼らず自分の力でお金を稼げる状態

 

月の残業時間70時間越え。それでも、

副業で月収50万円を稼いだ男の真実

 

メルマガに無料登録いただいた方だけに、

真実をお教えします。

 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る