コラム

100%の人生なんてクソでしかねー

どうも、池谷です。

 

 

気がつけば、バレンタインも終わって、2月18日ですよ。

ほんと、あっという間に3月になって、ゴールデンウィークが来て。。。

 

今年も1年早そうですね(苦笑)

 

とは言っても、そんなのはただの体感覚で、

ちゃんとみんなに1日24時間、365日与えられているわけです。

 

こんな感じで書いていくと、

たぶん、その辺のつまらないコラムみたいに、時間を大事にしようぜ的な話になっていってしまうのですが。。。

でも、時間を大切にするのは当たり前なわけです。

 

私たちは小学校の頃から、

時間制限のあるテストを受けさせられてきていますし、社会人になった今でも仕事には納期がある。

その時間制限や納期を破ったら、自分が痛い目を見てしまうってことを叩き込まれてきたので、

なるべく時間内で、100点を目指そうと奮闘するわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回着目したいのは、ズバリそこっす。

 

時間内で、100点を目指そうとしてしまう視点です。

 

結論から言いますと、

100点なんて狙わなくていい。

 

ぶっちゃけ、60点でいいと思っています。

 

いくら考えても答えが出ないのに、

制限時間いっぱい考えるのは、マジで時間の無駄っすよ。

 

とりあえず、パッと回答できる部分は回答しきって、

一回見直ししたら、ソッコー提出したほうがいい。

 

完璧主義なんて凡人にとっては、悪でしかないので、すぐに窓から捨てましょう(苦笑)

自分一人で、もがきまくって大きな結果を出そうとするのは、マジで無理なんですよ。

というか、

こだわる部分はそこじゃない。

 

本当にこだわる部分は、

提出→フィードバック→改善→提出→フィードバック→改善→・・・

 

このループを何回こなせるかです。

私たちが一人で、もがき苦しんで頑張ったとしても、捻出できる結果や創造物は大体間違っていますし、しょうもないものなんですよ。

 

一人で死ぬほどもがいてようやくの思いで出した結果が、

間違っているという経験を私もなんども経験しているので、それだけははっきり言えます。

 

だから、私には自信なんてありません(爆)

だって、自分を信じて突き進んでも、大体その道は間違っていたんで。

 

 

そんな中で自然と身についたのが、

60点でいいから提出し、その創造物のフィードバックをもらい、改善する。

でもって、また提出する。フィードバックをもらい改善するというプロセスをループさせる方法。

 

 

私たち凡人が安定的に結果を出し続けるために、この方法はかなり合理的なんですよ。

これだったら進むべき道を間違えるってことができますよね。

 

つまり、

正解に向かって、迷わず突き進めるってことです。

力の出しどころってここなんですよね。いかに大きな正解を作り上げるかって部分です。

逆に、力の出しどころを間違えている人って、正解そのものを見つけるためにエネルギーを使っている。

 

でも、

それができないんだなぁ。。。凡人には(苦笑)

 

 

 

受験でも同じですが、

一人で、もがかないで、さっさと塾に入った方がいいんですよ。

できる限りサポートがしっかりしている塾に入って、自分が進むべき道を示してもらって、

その道を驀進することに全エネルギーを使う。

 

これが一番楽だし、確実なんです。

 

自分の力の60%を出し切ったら、

さっさと諦めて、教えてもらいに行きましょう。

 

でも、事実。なぜか多くの人はこれができない。

たぶんそれは「失敗」を異常なまでに恐れているからではないでしょうか?

 

仕事だったら、

自分の60%の成果物を上司に提出したら、

怒られるんじゃないか、「こいつ使えねーなー」って思われるんじゃないか、といった妄想をしてしまうと思うのですが、

そんなのどうでもいいですよ。

 

口笛吹きながら、

あなたの60%の創造物を上司に提出してください。

 

これをなぜオススメするかっていうと、

確実に指摘が来るという前提と、それを改善する前提を持てるからです。

 

その前提があれば、上司から厳しめの指摘が来ても、

感情的にならず、建設的に対応できるんですよね。

 

上司「全然、ダメこの資料!!!」

自分「なるほど。具体的にどの部分が至っていまっせんか?」

上司「ココとココだよ!!」

自分「わかりました。ココはどんな感じにした方がいいですかね?」

・・・

 

上司がなかなかの剣幕で指摘してきても、

「あ〜なるほどね〜」と静かな心で対応できますよ(笑)

 

 

刹那的に見れば、

60点を取りに行く、60%の力で諦めて提出してしまうってのは、非建設的に見えますが、

全体を俯瞰し大局的な視点でみれば、かなり建設的なんです。

 

 

 

で。

私も60点を取るってことで、今日も早速動画を作りました。

 

 

その名も、

「最短最速で稼ぎ成功法則を学ぶ方法」

 

よく「あえて遠回りしろ」とか「きつい道を選べ」って、

書いてきた私がなんとついに、「最短最速」というなんともインスタントな、動画を作ってしまいました。

 

でも、

内容的には「1日5分」とか、そういう類のものではなく、

1から10を学ぶ視点を解説しています。

やっぱ、1から10学べたら強いし早いわけです。

 

動画では一個の具体的な事象から、抽象的な「価値とは何か?」の部分まで切り込んでいるので、

ぜひ、自分のこれからの可能性を拡大させていきたい方は、

必ず見ておいてください。

 

では、また。

 

PS.

 

私のメルマガの読者さんは、

他人よりも圧倒的に頑張れる資質がある方が多い。

だからこそ、

努力する部分や、力の出しどころを間違えて、時間を無駄にしないためにも、

正解そのものを見つけるためにエネルギーを使うのではなく、いかに大きな正解を作り上げるかって部分に注力してください。

 

PPS.

 

私も60点取るって視点、スピード重視でコンテンツを作っています。

これからさらにコンテンツを改善しクオリティを上げ、

あなたにとって有意義なものにするためにも、

ぜひ感想や、もっと詳しく聞きたいポイントを教えてください。

 

わりと待っています(笑)

 

 

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。