転職サイト

僕が「リクナビNEXT」を圧倒的におすすめしてる理由を語る

この記事では、転職活動で僕がリクナビNEXTを使い倒している理由をお話ししていきます。

 

まず初めに、この記事で最もお伝えしたいこと言います。

 

僕にとってリクナビnextとは、

成功のために欠かせない、大切なルーティンの1つです。

 

僕は常に、自分の人生を幸せにしたいと考えています。

そのために、たった2つだけ、毎日続けていることがあります。

1。リクナビnextなど転職サイトで求人を見ること。

2。筋トレをすること。

この2つです。

なぜ僕がこの2つを続けているのか。その理由は以下のシーンに隠されています。

画像出典:https://prcm.jp/pic/original-image/id/8bC8fme

漫画「はじめの一歩」でのシーンです。

毎日の積み重ねがキサマらを弱くする!

漫然と日々を過ごすなっ

四六時中ボクサーであるコトを自覚しろ

自分に足りないモノ 必要なモノを常に考えて行動せよ!!

 

「毎日の積み重ねがキサマらを弱くする!」僕はこの一言にハッとしました。

「毎日の積み重ねが大事ですよ!」「1日5分でも続けることがポイントです!」

とよく言われますが、逆に毎日の積み重ねが自分を弱くする、という観点は持ち合わせていなかったのです。

 

あなたは、どんな毎日を積み重ねていますか?

そしてそれは幸せに繋がっていますか?

逆に、未来の自分の首を絞めるような積み重ねをしてはいませんか?

 

実際に僕はリクナビnextを含め、転職サイトだけを使って、誰も知らない中小企業の肉体労働者から年収200万円アップし、有名コンサル企業から内定をもらいました。

この経験を踏まえて、今回は僕がリクナビNEXTを使い倒している理由をお教えしていきたいと思います。

【みんなに伝えたい】成功者は必ずやっているルーティンの重要性

「ルーティン」という言葉の意味を知っていますか?

ルーティン:「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」という意味の英語

スポーツ選手を始め、様々な分野における成功者たちはこのルーティンを非常に大事にしています。

ルーティンを確立することで得られるメリットは以下の3つです。

1。仕事が捗り、しかもストレスが少なくなる

2。頭の回転が早くなり、質の高い人生が送れるようになる

3。成功まで最短距離でいける

イチロー選手が毎日の生活にルーティンを設定する理由

例えば、まずご紹介したいのは先日引退されたイチロー選手。

画像出典:https://bunshun.jp/articles/photo/1059?pn=1

イチロー選手は、ミスタールーティンと言っても過言ではない男です。

毎朝食べるもの、起きる時間、寝る時間、お昼ご飯、試合の前、試合の後。全てにおいて彼はルーティンを設定しています。

もう何年前になるかわかりませんが、朝カレー(朝にカレーを食べること)を流行らせたのも彼です。

実際に彼は朝カレーをルーティンとして確立し、数年間継続したそうです。

数年間ですよ?数年間も朝カレーを続けたのです。彼の継続力は本当に人知を超えています。

そんなイチロー選手が生活にルーティンを取り入れる理由を、専門家はこのように解説します。

「彼のルーティンというのは基本的に、いかにして“ノーストレスな状態”を作り出すかということのために行なわれています。

強いストレスがかかる野球に集中するため、それ以外の生活ではストレスをなくしたいという考え方です。

僕はこの解説を読んで、思うことが1つあります。

それは、成功者たちは、別にストレスに強いわけではないということです。

つまり、成功者と呼ばれる人たちは、僕らいわゆる普通の人とそんなに変わらないってことです。

世界的に有名で、素晴らしい記録を残したイチローであっても、僕らとはそんなに変わらないと思うのです。

確かに、毎朝食べるもの、起きる時間、寝る時間、お昼ご飯、試合の前、試合の後。全てにおいてルーティンを設定するという細かさは異常値を叩き出していると思います。

ふつーの人はそんなことできない。

でも、めちゃくちゃストレスに強いとか、ハルク並みに体が強いとか、アインシュタイン並みに頭が良いというわけではないと思うのです。

身体のスペック的には、僕らと同じなんじゃないかなと。

そんな僕らとほぼ同じスペックを持つ、彼が成功できた一つの要因は、

ストレスを溜めないことを徹底したから

だと僕は考えます。

僕はよくビジネス書を読みますし、高額なセミナーにもよく足を運び勉強しています。

結局、そこで語られていることって、だいたい同じなのですが、その1つに、

ストレスを溜めるな

というメッセージが必ず語られます。

イチロー選手は、ルーティンを確立することによって、日々のストレスを極限までなくし、野球に集中できるようにしていたわけです。

つまり、イチロー選手の具体例からも、僕らが幸せな人生を歩むためには、ストレスをできる限り少なくする必要があるってことなのです。

ルーティン=何かを磨くこと??

こちらの方は、オリンピック「ハンマー投げ」金メダリストであり、世界最強の男を目指していた武井壮さんが唯一超えられない男として挙げた室伏広治さんです。

僕はこの本を読みましたが、ここでもルーティンについて語られていました。

「自分が使うスパイク、自分が使うハンマーを必ず丁寧に磨く

というルーティンを室伏広治さんはこなしていたそうです。

同様に、イチロー選手も自分が使うグラブ、バット、スパイクを毎日磨くし、異常ほど大事に扱っていたことは有名です。

また「第1回靴磨き日本選手権大会」で3位に入賞した杉村裕太さんも、あるドキュメンタリーで靴磨きにはどこか瞑想的な部分があることを示唆していました。

イチロー選手しかり、室伏広治さんしかり、杉村裕太さんしかり、全員何かを“磨く”という行為が共通していますね。

じゃあ、僕らも何かを“磨く”ことをすれば、日々のストレスが軽減されていくのか?というと、それちょっと早合点かなと僕は考えます。

大事なのは、自分の世界に浸る時間を作ること

僕の父親は言いました。

なんでもいいから、仕事以外で、集中することができる趣味を持て

僕の父親は、根っからの仕事人間です。

家に帰ってくるのはいつも日付が変わってからという生活をしていました。結果的に普通の平社員から、副社長まで上り詰めました。が、しかし、そんな生活をしていれば、莫大なストレスを感じていたはずです。(実際に彼は家で、不機嫌だった時が多かったのを覚えています。)

 

20歳になったとき、父親と二人きりで飲みました。その時、彼が言った言葉の1つが、「なんでもいいから、仕事以外で、集中することができる趣味を持て

だったのです。

彼の言葉、そしてイチロー選手、室伏広治さん、杉村裕太さんのルーティン。

僕らが何かルーティンを確立する上で、

重要なのは、ルーティンとして何をするか?ではなく、

大事なのは、自分の世界に浸る時間を作ることだと思うのです。

行うことはなんでも良い。

ただ自分の世界に浸る時間を作れれば、その時間だけは、上司から言われたムカつく言葉、ひどい言葉から離れられるのです。

自分の世界に浸る時間というのは、いわば“瞑想”と同じです。

少し前から話題になっているように、“瞑想”には、ストレス軽減効果、集中力UP、モチベーションUPの効果があります。

つまり、僕がここまでであなたに伝えたいことは以下のことです。

要点まとめ

ルーティン = 自分の世界に浸る時間 = 瞑想の時間

だから、イチロー選手のように毎日に良いルーティンを増やせば増やすほど、ストレスが少なく、集中力も乱れることのない生活が送れるのです。

実際に僕が行なっているルーティン

1。仕事の前に必ず机を拭く

2。朝は必ず自分で緑茶を淹れて、飲む

3。iPhoneで、リクナビnextをチェックする 

僕が行なっているルーティンは非常にシンプルです。シンプルだからこそ、毎日続けられています。

このルーティンを設定してからは、確かに質の高い、集中力高く毎日を過ごすことができています。

この記事の冒頭でお話ししましたが、ルーティンを確立するメリット

1。仕事が捗り、しかもストレスが少なくなる

2。頭の回転が早くなり、質の高い人生が送れるようになる

3。成功まで最短距離でいける

を確かに感じています。

ルーティンを確立してからは、エナジードリンクに手を染める頻度も格段に少なくなりました。朝から集中できるので、カフェインに頼ることも激減。(これでお金も節約!)

また脳に疲労がたまりにくいからなのか、頭の回転も早くなった気がしてます。実際に会議では、要点を抑えた意見を即席で出せるようになったと考えています。

そして何より、実感を込めて言えるのは、仕事終わりに集中して副業に取り組めるようになったという点です。

昔は仕事が終わると、「はぁ〜〜〜つかれた〜〜もう何もやる気起こらん・・・」となっていましたが、今では、仕事が終わっても副業を行うモチベーションが残っているのです!!

これは自分でも驚きました!!

もちろんこれで収入も増えたので、僕はなんでも良いからルーティンを確立することを自信をもってお勧めしますよ。

【だから僕は選んだ】僕がルーティンとして、リクナビnextを使う理由

僕がルーティンとしてリクナビnextを使う理由は以下の通りです。

1。アプリをダウンロードすればスマホでいつでも見れるから

2。多くの登録者がいるからこそ、多くの求人が集まっているから

3。自分らしくいられるから

ルーティンにするために、お手軽で、使いやすいのは当たり前。それでいて多くの求人が集まっているから、毎日見る意味もある。

以上の理由でも、十分すぎるほどリクナビnextを使う意味があるのですが、それともう一つ僕がリクナビnextを選ぶ最大の理由があります。

 

それは、ゴリゴリしたウザったいくらいの通知機能がまるでなく、自分のペースで求人検索と転職活動が進められるから。

僕がリクナビnextを選ぶ最大の理由はこれです。

人生において仕事は、非常に大きなウェイトを占めますよね。だからこそ、自分らしく働ける職場を確実に選び取る必要性があります。

なぜ「自分らしく働ける職場」を選び取る必要性があるのか、わかりますか?

 

答えは以下の画像です。

ちょっと、僕の本音を書きます。

僕は「自分らしく生きること」、これが幸福になるためには欠かせないと考えています。

周りの期待を意識しする回数、周りの意見に流される回数、みんながこうしているから自分も同じようにしようと考えるか回数が多ければ多いほど、幸福からは遠ざかっているのです。

以上の画像を見てください。

なぜ人は死ぬ間際、この5つで後悔しているのかわかりますか?

答えは単純です。この5つのことを実践していれば、

もっと幸福な人生を歩むことができた、と実は悟っていたからです。

でも、なぜ多くの人は自分らしく人生を生きることができず、死ぬ間際になって後悔してしまうのでしょうか。

それは、「他人の考え」を「自分の考え」だと思い込んでしまうから。

 

スティーブジョブズは言いました。

「他人の人生を生きることで、時間を無駄にするな」

しかし、絶えず情報が錯綜するこの社会で、確固たる自分の考えを持ち、自分の人生を生きることは非常に難しい。

これは明らかな事実です。

ふとfacebook、instagramを開けば、誰かの投稿が出てきて、僕らはそれから影響を受けてしまう。

最近では、スマホのトップ画面にも、Googleからのお知らせが通知される。

僕らはもう他人に染められた情報からは逃れられないのかもしれません。

 

だからこそ、僕らには何らかのルーティンが必要なのです。

なぜなら、

要点まとめ

ルーティン = 自分の世界に浸る時間 = 瞑想の時間

だからです。

1日5分だけでもいい。ルーティンをこなすことによって、自分を見つめる時間を作るということが非常に重要なのです。

イチロー選手は練習の後、試合の後、自分のグラブを磨きながら今日の自分の反省点を見つめなおすそうです。

僕はそんな自分の世界に浸かる時間を増やすことが、幸福な人生を歩むためには必要なのだと思います。

たとえ、そのルーティンの時間が5分だけだったとしても、他人の情報に染まり切った人生を少しだけ、自分の色に染めなおすことができます。

その積み重ねが大事なのです。

この記事の冒頭で紹介した漫画 はじめの一歩のセリフしかり、先程の画像しかり、ルーティンの積み重ねがあなたの人生を向上させることは間違いありません。

ぜひその一環として、リクナビnextを使ってみてください。

リクナビNEXTへの登録はこちら>>>

今すぐできる幸せになるための積み重ね

ここまでいろいろお話してきましたが、この記事をまとめます。

この記事を読んでくれているあなたのことを、僕は何にも知りません。

しかし、以下のことだけは確実に言えます。

トレーニングを始めた1日後よりも、トレーニングを毎日続けた1年後の方が、確実に素晴らしい身体を手に入れているだろうし、きっと人生も上向いているはず。

オシャレに気を使い始めた1日後よりも、オシャレに気を遣い続けた1年後の方が、確実にオシャレで優雅な人生を過ごせている。

これらと同じで、

世の中にはどんな仕事があるんだろうと、目を向け始めた1日後よりも、求人に目を向け続けた1年後の方が、確実に自分の視野は広がり、余裕を持って転職活動できる。

これは確実ですよね?

み重ねた先にある「自分の視野の広さ」と、そして、その結果手に入る「心の余裕」を甘くみないほうが良いですよ。

この広告見たことありますか?

画像出典:https://www.otsuka.co.jp/adv/poc/graphic201904_01.html

「自分はきっと想像以上だ。」

「青くさい。そんなのまだ世の中を知らない学生たちにしか響かない言葉だ。」

 

「僕ら社会人には、もう予想だにしない素晴らしい出来事なんて、ありっこない。」

 

と思う気持ちもわかります。

 

つまり、「自分はきっと想像以内」だと。

 

僕も社会人になってすぐに直属の先輩、上司の姿を見て、

「あ、普通に仕事していたら、自分もそのうちこうなるんだ。。。」と。

そして、僕は同時に恐怖も覚えました。

「こんな30代、40代にはなりたくない」と。

 

自分はそうはなりたくない。

 

普通に生活していたら訪れるであろう未来に対して、「嫌い」というシンプルな感情をもったのです。

だから、すぐにリクナビnextに登録しました。

そして毎日5分間だけ、なんとなく求人をパラパラ見て、気になる求人をブックマークしておくだけ。

その毎日の積み重ねが、自分を想像以上の場所に連れていってくれます。

僕はそう確信しています。

積み重ねの力は偉大です。

例えば、筋トレで考えてみましょう。

1日5分間だけ集中して筋トレした人と、1週間分(35分間)まとめて筋トレした人。

どちらが大きな結果を得ると思いますか?

僕は前者だと考えています。

 

なぜそう思うのか?

理由は簡単です。1日5分筋トレしてたら、少しずつ筋トレが好きになってきて、1日5分以上トレーニングするようになるから。

 

1日5分の積み重ねが、「好き」という乗り物を作り、

「好き」という乗り物が、あなたを想像以上の場所に連れて行ってくれるのです。

 

だから、あなたもぜひ毎日求人をチェックするという積み重ねをしてみてください。

きっとその毎日が、未来のあなたを助けることになりますから。

 

そして、僕はあなたにリクナビnextを自信をもっておすすめします。

自分の人生に1mmでもいいからあなた“らしさ”を取り戻していきましょう。

リクナビNEXTへの登録はこちら>>>

 

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。