【衝撃】時間がない会社員がブログで稼げる時代がホントにやってきた

この記事は2分で読めます

どうも、池谷です。

先日、ジムで筋トレしてたら「君、次の大会出る?」とボディビルダーに言われました。

まあ、そんなことはどうでもよく。

先日ブログで紹介させていただいたのですが、2017年末にカウントダウンジャパン(以下CDJ)に行ってきました。
その様子はこちら

 

そこで見聞きしたことを踏まえて、いろいろとブログでは語らせてもらっているのですが、私にとって最も衝撃的だったことを今日はお話しさせていただければと思います。

最も衝撃的だったこと

それは、

時代は「軽いコンテンツ」を求めているということです。

「軽いコンテンツ」とは以下の要素を満たすコンテンツのことを指します。

 

・短い

・わかりやすい

・簡単

・誰でも

・シンプル

 

これは音楽というコンテンツにも当てはまります。実際にCDJには、以上の要素を満たすアーティストしかいませんでしたし、4日間に渡るCDJに毎日数万人が訪れているという事実もあります。

実際に軽いコンテンツを体感してもらいたいので、以下の曲を聴いてみてください。
https://youtu.be/J5oytYDMWHA

 

マジでこんな感じの曲を歌うアーティストばっかりでした・・・

 

人によっては「なんだよこの曲・・・」と呆然としてしまう方もいると思いますが、まあ実際にこの曲が好きな人がたくさんいるのが事実です。

そして今は、好きとか嫌いとかどうでもよく、

こういった曲を歌うアーティストが、今めちゃくちゃ人気があるってことに注目してください。

 

つまり、今の時代「軽いコンテンツ」が求められているのです。

逆に、

 

・長い

・難解

・複雑

・専門

 

こういった要素を持つ重いコンテンツは求められていない。

 

これまでの私はいろんなことを伝えて読者の役に立ちたい!!!と考えていたため、5000文字を超える長文の記事を書いてきました。

ところがどうでしょう!?!?時代はそれを求めていない!!!

という悲しき事実・・・www

私が書いた記事をスマホで開いてしまった人は何この記事、ながっ!!読むのダルッ!!という反応を示していたに違いないw

 

つーわけなんで、今年はちゃんと軽めの記事も書いていきます。(もちろん必要な時は長文の記事も書いていきますが)

私のように長文の記事を書いてきた人からしたら、「これまでの私のがんばりって・・・・」となってしまうかもしれませんが、視点を変えれば、これはチャンスです。

 

だって、無理して長文書かなくていいからw

 

1記事1メッセージの記事を書けばいいから、2000〜3000文字あれば十分だし、それなら会社から帰った後に2記事は書けると思います。

ベテランブロガーにとっても、これからブログを始める初心者ブロガーにとってもチャンス。

あと補足すると、SNSの利用も非常に大事!
(何を今さら・・・)

まあ、私自身これまでSNSを非常におざなりにしてきました。

しかしながら、

SNSの力は強力で、SNSでがっつりシェアされれば短文かつ内容がイマイチでも、検索で上位に上がることができます。

ちゃんとSNSを使っていかないとなぁ、と今さら考えています。
まずはTwitterでブログ運営ノウハウを垂れ流していくのでフォローお願いします。
https://twitter.com/SavexShen

今日はこんなところで。

では、また!

 

次の記事はこちら
何かに追われるように遊んでいる残念すぎる君へ

<この記事を書いた人>
【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中)

詳しいプロフィールはこちら>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

池谷の公式メールマガジン

メルマガで目指すのは、

会社に頼らず自分の力でお金を稼げる状態

 

月の残業時間70時間越え。それでも、

副業で月収50万円を稼いだ男の真実

 

メルマガに無料登録いただいた方だけに、

真実をお教えします。

 
 

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る