転職

会社が倒産する前兆と倒産する前にあなたができること

こんにちわ、池谷です。

 

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

・会社が倒産する前兆とは?

・会社が倒産する前兆と倒産する前にあなたができること

・まとめ

 

 

会社が倒産する前兆とは?

・社員の慰安旅行や、定例祝賀会などの恒例行事だったものが取り止めになる

・文房具やオフィス用品などの小さな備品の管理が厳しくなる

・備品購入の申請がとても厳しくなる

・広告費が削減される

・現金払いを手形に変更するなど支払条件の変更が起きる

・給料を含め、あらゆる面で支払期間が延びる

・採算度外視の在庫商品の安売りが行われる

・社長が小口の売掛金の回収に対してうるさく言うようになる

・現場に社長が現れ、社内に精神論が多くなっていく

・「売り上げを上げろ」と言うだけの営業会議が頻繁に行われる

・主要販売先や主要取引先が安定しない

・取引業者から今後の付き合いを断られる

・役員や幹部社員、優秀な管理職クラスが退社する

・給料の支払いが遅れる

 

 

会社が倒産する前兆と倒産する前にあなたができること

結果から言います。

転職です。

 

おそらくここに書かなくても、

あなた自身すでにわかっていることかと思います。

 

私自身、中小企業に勤めていましたので、

常に勤めている会社の動向を気にかけていました。

 

中小企業ならば、役職についていない20代の社員であったとしても、

結構会社の経営状況ってわかると思います。

 

 

先ほどの章にも書きましたが、

やばい会社ほど、「優秀な社員」はすぐにやめていってしまいます。

 

私が中小企業に勤めていた時も、

仕事ができると言われてた先輩たちは、すぐに転職してしまいました。

 

それに加え、その会社に勤めている人からは、

君も転職したほうがいいよ。と耳打ちされることもありました。

 

 

私が勤めていた会社は、

私が在職していた時も好調でしたし、そして現在もまだ好調のようです。

 

しかし、

自身のブランドを持っていなく、なおかつ完全に大企業の下請け、

食品系の企業でした。

 

私は、いくつもの時限爆弾を抱えているようにしかみえませんでした。

 

近年、様々な食品会社で事故が起こり倒産寸前にまで追い込まれています。

そして、完全下請けということで、

事故が起こったり取引先の企業から仕事が流れてこなければ終わりな訳です。

 

 

そういった要因もありますし、

新入社員に対する教育がものすごくテキトーだったのが、

一番の決め手です。

 

 

私はその中小企業に新入社員として入社しました。

3月末から新入社員の教育研修が始まりましたが、

その時点で「あ、、、ここやばいかも」

と感じていたのです。

 

 

新入社員の時点で危機感を感じ取ったくらいなので、

もしもあなたが現在の会社に数年勤めていれば、会社が倒産する前兆なんてソッコーわかるはずです。

 

「この会社、倒産の前兆があるかも。。。」

「この会社やばいかも。。。」

 

一回でもいいので、

そう思ったらすぐに転職活動を始めてほうがいいですよ。

 

 

転職活動って、1ヶ月とかで終わるようなものではありません。

私自身の経験上、

しっかりとブラック企業を避けて、福利厚生のしっかりした企業の選定等をして、

自分のレジュメや面接対策をしている結構時間がかかります。

 

最低3ヶ月は必要だと思っていたほうがいいです。

一般的に半年くらいはかかるかと。

 

 

このブログでは、

サラリーマンに対してネットビジネスで「自分一人でお金を稼げるだけの実力をつけよう」

ということをお勧めしています。

 

 

しかし、

そんなことの前に、まずは自身の足元を固めないといけないのです。

足元が固まっていないと、落ち着いて作業なんてできないのです。

 

 

これって、かなり致命的で、

成功までの時間がかなり伸びると思ってください。

 

焦っている人ほど、見当違いのことをしたり、

作業に集中できなかったりします。

 

 

よく書いていますが、

確かにサラリーマンである限り理不尽を飲まされ続けます。

しかし、

サラリーマンでいる限り、安心感は得られるはずです。

 

この安心感って、大事ですよ。

凡人こそ安心感がないと成功できないと思っています。

 

ネットビジネスを真面目にやれば手取りくらい余裕で稼げます。

しかし、

それまでの道のりは長い。

 

その道のりをしっかり走破するために、

まずは安定した倒産する前兆のない企業に転職してください。

 

メルマガに登録していただければ、無料で転職成功ノウハウを差し上げています。

 

ではまた。

 

 

まとめ

・会社が倒産する前兆とは?

・社員の慰安旅行や、定例祝賀会などの恒例行事だったものが取り止めになる

・文房具やオフィス用品などの小さな備品の管理が厳しくなる

・備品購入の申請がとても厳しくなる

・広告費が削減される

・現金払いを手形に変更するなど支払条件の変更が起きる

・給料を含め、あらゆる面で支払期間が延びる

・採算度外視の在庫商品の安売りが行われる

・社長が小口の売掛金の回収に対してうるさく言うようになる

・現場に社長が現れ、社内に精神論が多くなっていく

・「売り上げを上げろ」と言うだけの営業会議が頻繁に行われる

・主要販売先や主要取引先が安定しない

・取引業者から今後の付き合いを断られる

・役員や幹部社員、優秀な管理職クラスが退社する

・給料の支払いが遅れる

 

・会社が倒産する前兆と倒産する前にあなたができること

確かにサラリーマンである限り理不尽を飲まされ続けます。

しかし、

サラリーマンでいる限り、安心感は得られるはずです。

この安心感って、大事ですよ。

凡人こそ安心感がないと成功できないと思っています。

ネットビジネスを真面目にやれば手取りくらい余裕で稼げます。

しかし、

それまでの道のりは長い。

その道のりをしっかり走破するために、

まずは安定した倒産する前兆のない企業に転職してください。

 

 

この記事を読んだ人は、以下の記事も読みました。

企業のグローバル化でメリットを得る若者とデメリットを受ける若者

男でメンタルが弱い人が絶対知らない3つのこと

天才だけが知っている努力を楽しむ3つの方法

社会人で勉強のモチベーションが上がらない時にすべき5つのこと

アベノミクスの効果と今後2017年社畜になる人とならない人

ABOUT ME
池谷
<この記事を書いた人> 【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中) 詳しいプロフィールはこちら>>>
転職で勝つための「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

それくらいあなたの人生に意味のあるものを作る、と言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を無料でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。