いちいち細かい上司への対処法とストレス対策は入念に!!!

この記事は7分で読めます

こんにちは、池谷です。

 

 

何に対してもいちいち細かい上司って、職場に必ず一人はいますよね。

彼らの得意技は、書類や資料の添削。

「いや、そこまで気にする必要なくない??」ってポイントを指摘してきて、

一向に仕事が片付かないという状況にさせられます。

 

彼らはあらゆる仮説を打ち立ててきて、「こうなったらどうするの?」とか、「あれにはどう対応するの?」とかいろんな追求をしてきますが、

結局、そんなことは発生しないという・・・

 

細かいところに気がつくのはすごいけど、

はっきり言って、お前の自己満足に付き合ってる時間なんてねーんだよ。って感じですよね。

 

そんなクソうっとうしい上司たちへの対応の仕方について書いていきます。




いちいち細かい上司の特徴

実は、私自身も最初の会社で出会った上司がかなり細かい人でした。

 

「え??そこまで気にする??」

って、疑問に思ったことがもう何回もありました。。。

 

最初はうざくて仕方なかったのですが、

そのうち慣れてきて、なぜ彼がこんなにも細かいのかを冷静に分析するようになったんですね。

 

いちいち細かい上司の特徴

それは、完璧主義であるということ。

 

仕事の種類にもよりますが、一般的に完璧主義者は仕事の遅延の原因になります。

さらに人生レベルで言えば、

完璧主義者の人生は、他人からの承認欲求が大きいダークサイドに陥る可能性が高く人に嫌われることが多いのです。

 

もしも自分にもそんな一面があるかもなって方は、

以下の記事に完璧主義の弊害についてまとめたので参考にしてください。

 

参考:

完璧主義者でない人の方が仕事ができる理由




いちいち細かい上司への対策法

いちいち細かい上司への対策法は、

細かく報告、連絡、相談をすること。

 

いちいち細かい上司、つまりは完璧主義者は、

関係のある仕事の全てを把握したいという特徴があります。

 

 

つまり、

彼は情報を求めているのです。

そう。彼らは知識の権化。情報こそ全てだと考えています。

 

 

だからこそ、

細かく報告、連絡、相談をして情報を与えてあげるっていうのが対策の一つとしてあげられます。

 

あくまで仕事は一人の力では成し遂げられません。

いまさらホウレンソウかよ。。。。って方もいるかもしれませんが、、、

あなたの人生レベルでも同じことが言えるのです。

 

 

なにかを成し遂げたい、成功したいって思った時に誰かの助力なしでは成功できないのです。

 

例えば、

受験勉強でも同じです。

私もそうでしたが、多くの人は自分が勉強を頑張ったから大学に受かったんだと考えてします。

確かにそれも合格という結果を得るためには、とても大事な成功因子です。

 

しかし、

自分が勉強を頑張るための、環境を用意してくれた学校や塾、教師や講師がいたからこそ勉強ができたっていうベースがあります。

 

またさらに深ぼると、

その環境を与えてくれた親の財力ってこともあります。

抽象度をあげればきりがないです。

 

 

もしかしたら、そのベースにあるどれか一つが崩れたら合格はなかった。

そう考えるのが妥当です。

 

世の中の90%は自分ではどうもできないことであふれています。

自分の力で親の財力を上げることはできないですよね。

 

最後の10%は自分の力でなんとかすることはできますが、たった10%でしかない。

 

その10%をたかが10%と思い、無視するか、

その10%を満たしてやろうと頑張るのかで、あなたの人生の質が決まってきます。

 

 

今回紹介した、いちいち細かい上司には、

「細かく報告、連絡、相談しよう」というノウハウも、その10%に入ってきます。

 

このノウハウを実践するかしないかは、あなたの人生の成功に大きな影響を与えない可能性もあります。

 

しかし、

この10%のがんばりが他の90%に影響する可能性だってあるのです。

 

私は、残り10%でもそこにかけてみたいし、そういう人を応援したいと思っています。




いちいち細かい上司へのストレス対策

ストレス対策にもいろいろな方法がありますが、

いちいち細かい上司のせいで溜まってしまったストレスを最も効率よく落とす方法をお教えします。

 

それは、

腹筋運動

 

そうです。学生時代の体力測定の時に行ったあれです。

無駄に筋肉自慢な男子が20秒の間に何回腹筋出来たのかで、自慢をしてましたよね。

まあ、それ私なんですけどね。小学校まではそれでモテましたが中学校以降は、ただの筋肉自慢は気持ち悪るがられるだけなので注意してください。(どうでもいいですね。)

 

 

 

なぜ腹筋運動がいちいち細かい上司から受けるストレスのケアになるのか?

 

理由は3つあります。

 

理由1:いちいち細かい上司から受けるストレスは、怒りタイプのストレスだから。

理由2:腹筋運動をしている間は無呼吸状態になるため、無心になれるから。

理由3;腹筋運動を終えた後、無呼吸状態から解放され、空気をたくさん吸い込めるから。

 

さあ。以上3つの理由だけを並べてだけでは意味不明ですよね。

私も書いてて、理由が意味不明だなと思いました。

 

安心してください。しっかり補足していきますよ!

 

理由1:いちいち細かい上司から受けるストレスは、怒りタイプのストレスだから。

職場のいちいち細かい上司から、くそどうでもいい指摘をごまんとされた日を思い出してください。

 

「あいつまじうるせー」

「オメーがやれよ」

「黙れ」

 

以上のような、感情が沸き起こってきたのではないでしょうか?

その感情、怒りに分類されますよね。

少なくとも悲しみには分類されないはずです。

 

よって、いちいち細かい上司から受けるストレスは、「怒りタイプ」ですね。

怒りタイプのストレスは、体にみなぎった力を外に向けて発散させるのが一番です。

そのため、何か激しいスポーツがオススメです。

しかし!!我ら社会人の平日の夜にそんなことをする暇はない!そして、そんなことをしてくれる友人もいない!!!

 

だから、

気軽にできる腹筋運動をしましょう!

 

腹筋運動は意外と多くの筋肉を使うので、軽くやるだけでもちょっと汗が出てきますし、

なおかつ、毎日コンビニ弁当を食べてしまっているあなたにうってつけのダイエットにもなります。

 

夜、お風呂に入る前に、爆音で音楽を聞きながら、

腹筋運動をしましょう!!

 

理由2:腹筋運動をしている間は無呼吸状態になるため、無心になれるから。

腹筋運動をしている間は無呼吸状態になります。

まあこれはやってみて体験してください。

 

その無呼吸状態の間は、無心になれます。

昼間にいちいち細かい上司から言われた役に立たない指摘のことなんて、1mmも頭に浮かばないので、

ぜひ体験してみてください。

 

 

その無心になれるのが、腹筋運動をしている数秒間だけだったとしても、

かなりストレス解消になってます!

 

この腹筋運動に慣れてくれば次第にこなせる回数も増えて、無心になれる時間も増えてきます。

5分間くらい無心になれるところまで行けば、あなたの腹筋は間違いなくシックスパックでしょう!

 

理由3:腹筋運動を終えた後、無呼吸状態から解放され、空気をたくさん吸い込めるから。

腹筋運動をやり終えた後は、空気を貪るように吸い込むことになります。

その瞬間も結構気持ちがいいですよ。

 

先ほど理由1で、いちいち細かい上司から受けるストレスは、「怒りタイプ」とお話ししました。

「怒りタイプ」のストレスが溜まってくると、呼吸が浅くなりがちになります。

呼吸が浅いと、脳に酸素が十分に供給されず、頭がうまく働かなかったり、体に疲れがたまりやすくなったりして、

さらにストレスが溜まってしまいます。

 

なので、ここはひとつ腹筋運動をして、浅くなった呼吸をリセットしましょう!

腹筋運動が終わったら大きく体を伸ばして、深呼吸しましょう!!




いちいち細かい上司になってしまう人の特徴

結論から書きますが、

多分、自分の眼の前にある業務を真面目にこなしているサラリーマンはほぼ全員、いちいち細かい上司になってしまうと思います。

 

なぜなら、

 

一般社会は一回失敗したら、終わり

大きな責任を負っている人は、その責任を取らされる

だから、ミスしたくない

だから、部下にもミスして欲しくない

必然的に、部下にいちいち細くなってしまう

 

 

こういう思考の連鎖反応によって、サラリーマンで出世欲が強い人は、

いちいち細かい上司にならざるを得ないのです。

 

以上のフローチャートに書いたように、いちいち細かい上司が誕生してしまう本当の理由は、

この社会が一回失敗したら、終わりな社会だからです。

つまり、失敗を許さない社会だからこそ、部下に圧力をかけるいちいち細かい上司が誕生してしまうのです。

 

ではなぜ私たちが所属している社会は、一回失敗したら終わりなのでしょうか。

 

なぜ社会は失敗を許さないのか?

理由1:代わりがたくさんいるから。

理由2:みんな失敗し慣れていないから。

 

 

以上、2つの理由かなと。

まあまあ、ひとつづつ補足していきます。

 

理由1:代わりがたくさんいるから。

例えば、ベンチャー企業や中小企業の場合は、そもそもとして人が足りていないパターンがあるため、

失敗をしてもすぐさま降格ってことにはならないかもしれませんが、

人の層が厚い大企業では、そんなことはありません。失敗が重なったり、部下をきちんとマネジメンントできていなかったり、上司の上司が持つ意思に反したことをしてしまえば、

すぐさま降格の対象となってしまいます。

 

なぜなら、代わりがたくさんいるから。

芸能界を見ても同じです。あの超絶人気者だったベッキーでさえ、失敗をたかが一回犯したがために、もうテレビにほぼ出ていません。

しかし、ベッキーがいなくなってもイッテQは変わらず面白いし、他の番組だってほぼ支障なく回ってる。

会社もそれと同じです。

一人いなくなろうが、それほどダメージはない。だからこそ、失敗したら責任をとって辞めていくわけです。

理由2:みんな失敗し慣れていないから。

みんな失敗し慣れていないからこそ、失敗を許さない雰囲気があるのかなと考えています。

多分、偏差値の高い高校に入って、そのまま偏差値の高い有名大学に入って、そのまま有名企業に就職した人は、

ほぼ失敗経験はないと思います。自分が失敗して苦しい思いをしたことがないからこそ、他人の失敗を許せないのかなと。

 

 

でも、私からしたら失敗なんて、ただの結果でしかない。

失敗という結果が出たからといって、決して絶望する必要もないのです。

その理由は以下のリンク先のページに書きました。

参考:人生の選択を間違い、7年間迷いまくったマッチョが語る人生観




いちいち細かい上司と同じ道を歩まないためにすべきこと

これを読んだその日から、

「このいちいち細かい上司は、自分だったかもしれない」と考えてみてください。

 

同じ会社で同じ部署で働いている以上、あなたもいちいち細かい上司になる可能性が十分にあるのです。

だからこそ、

その上司のことも自分の可能性の一部として、考えてみてください。

そうすることで、あなたもなぜ彼がそんなにも細かいのかが、自分の視点で理解できると思います。

 

私がこうしてここであなたの職場にいるいちいち細かい上司を分析するよりも、

実際に現場にいるあなたが分析したほうがよりリアルな情報を得られるでしょう。

 

続いては、以下のページをこのままご覧ください。

人生の選択を間違い、7年間迷いまくったマッチョが語る人生観

<この記事を書いた人>
【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中)

詳しいプロフィールはこちら>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

池谷の公式メールマガジン

私のメルマガで目指すのは、

世界のヤバい奴らと繋がれる自分!



・自由気ままにフリーランスとして働き、自分の好きな時間に起きて、好きなカフェで好きなコーヒーを飲んで、行きたい場所に行き、パソコンを開き、気の合う仲間達だけと仕事をしてるのに年収2億円を毎年叩き出すインターネットマーケター

・ちょっと海外に行って違う文化に触れたいと思った、と言って気が済むまでフランス、イタリア、スペイン、スウェーデンなど海外へ行ってしまい頻繁に音信不通となるデザイナー

・激務として知られるコンサルティング企業で毎日3時間睡眠という超ハードモードな生活をしながらも、ブロガーとして月収数十万円を稼ぎ出している会社員

・超有名ブラック企業で約20年間働いたのち、会社を辞め、その後世界を飛び回り、アゼルバイジャンで2000万の不動産を購入した元プログラマー

私のメルマガに無料登録いただいた方を、

こういったヤバい奴らと繋がれる世界に連れて行こうと思います。

※ メールアドレスを入力し、登録ボタンを押すと無料で通信講座を受講できます。

期間限定特典付きで、無料登録する!

  メルマガの内容や詳細はこちらからご確認ください メルマガについて>>>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 4月20日
    トラックバック:グドすぴBlog

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る