下克上転職術(RESEARCH part1)

 

こんにちは。池谷です。

 

まずは私がなぜ、このように転職について語るのかをご説明いたします。

以下の章を読めば、私が転職についてインターネット上をどこを探しても見つからない優良な情報を、あなたに提供できる理由がわかります。

 

なぜ転職を語るのか?

私自身、2回、転職活動をしたことがあるからです。

2度目の転職活動では、さすがに2度目とあってかなり転職スキルもアップしており、未経験かつ異業種から内定を獲得しました。もっと具体的に言うと、

難関と言われるコンサルティング企業から内定を獲得したのです。

しかし、結果的に、そのコンサルティング企業には転職しませんでした。その理由を書くと非常に長くなってしまうので、また今度にします。

「やはり、今の会社に残ろう・・・」そう決意した時に、ある考えが頭の中をよぎりました。

「結局、転職しないんだったら、この転職活動に費やした時間やお金は死ぬほど無駄だったのでは!??!?!?!」

そう。

内定という結果を得るために、びっくりするくらい苦しい転職活動を頑張り、やっとの思いで内定をゲットしたのに、私はそれをゴミ箱に捨てましたwwwww

「オレのこれまでの苦労は一体・・・・くそ!!!悔しいから全部コンテンツ化してブログに載せてやる!!」

ということで、

未経験かつ異業種から内定を取るために私がやったことを全て語っていきます。

経験職種や同業種に転職する場合にも使えるノウハウも書いていくので、転職活動中のあなたは期待してください。

なぜ「下克上」なのか?

今回、この転職講座を「下克上転職術」と名前をつけました。下克上という、その名の通り「弱者が強者に勝つ」そのための転職術になります。

具体的には、

就活の時に選択ミスをし、現職の残念な企業を選んでしまった愚かな自分に打ち勝ち、今回の転職では、しっかりと自分の希望が実現する企業に入社する。

これが「下克上転職術」のコアです。

あくまで今回の転職で勝つべき相手は「過去の自分」です。

過去の自分に打ち勝ち、感覚や惰性で企業を選んで転職活動をせず、しっかりとした方法で企業を調べ、確実に結果が出るように仕掛けていく。

これは私が実際に転職活動をしていて感じことです。就活や転職活動をめんどくさいからといって適当に行ってしまった結果、今の自分がいます。この今の自分を踏まえて乗り越え、確実に自分の希望を叶えていくための転職活動をしていきましょう。

そして、この下克上転職術があなたの人生を変えるための手助けとなることができれば、書いている私も幸せです。

では、ここから本題に入っていきましょう!

 

転職活動は恋愛と同じ!?

よく転職活動を始めると、自分の知っている企業や転職したい企業からはじめにアタックしていく人がいます。「とりあえず、自分の知っている企業とか、受かりたい企業に受かればいいや!」と、すでに知っている企業に受かるためだけに履歴書や職務経歴書を作成し、応募してしまう。

「だって、それが一番簡単だし、内定を取るための最短最速の道だろ?」と。

確かにその理論は間違っていません。

自分の知っている企業や受かりたい企業にアタックして、それで受かってしまえば転職活動は終了です。その場合、1ヶ月あれば十分でしょう。

しかし、転職活動はそんなに甘くない。

「私はこの企業に受かりたい!」と決め打ちで転職活動してしまう人の大半は、不合格となっている可能性が高いと思います。

なぜなら、転職活動は就活とはまた少し志望動機や、アピールするポイントが異なるし、転職面接慣れしていないのに面接に挑んでもいい結果が得られる可能性は低い。

転職活動で内定を得る方法は、恋愛で好きな異性を口説き落とす手段と似ています。

 

1。好きな異性を分析する。

2。好きな異性を想定して練習する。

3。好きな異性が好きなものを知る。

4。好きな異性が自分に求めているものを知る。

5。好きな異性が好きなものを与える方法の構築と、自分に求められているものを与える方法を構築する。

6。デートに向かい、告白する。

ざっくり書くとこんな感じになります。転職活動もこれとほぼ同じになりますね。

 

だからまずは「1。好きな異性を分析する。」これから始めていきましょう!!!

まずは徹底的にリサーチしよう

なぜリサーチが重要なのか?

前述したように、

「とりあえず、自分の知っている企業とか、受かりたい企業に受かればいいや!」と、すでに知っている企業に受かるためだけに履歴書や職務経歴書を作成し、応募してしまう。

「だって、それが一番簡単だし、内定を取るための最短最速の道だろ?」と。

このように考え、さっさと履歴書と職務経歴書を作り、応募して失敗する人もいると思うので、まずはリサーチの重要性から話していきます。

リサーチは死ぬほど重要ですよ!

リサーチが転職活動の成功失敗を決めると言っても過言ではない。リサーチしなければ武器を持たずに戦場に行くのと同じですし、恋愛であればお互い相手の趣味や好きなアーティストなど、性格的な部分が全くわかっていないのにも関わらず、告白してしまうのと同じです。戦場だったら、死んでるし、恋愛でもOKもらえないでしょと。

だから、このリサーチをやり込めばやりこむだけ、戦場での生存率が向上したり、より大きな戦果を挙げられるようになるし、恋愛では確実に自分の人生の充実度が上がる相手と恋人関係になれる確率が向上するのです。

 

シンプルに表現すると、

リサーチしなかったら、転職活動しても受からないし、受かったとしてもブラック企業ですよ。ってことです。

リサーチをする前に決めておくこと

リサーチをする前に決めておくべきことがあります。それは、

どの業界の企業を受けるか。

ということです。

恋愛でも同じで、恋人がいない状態から、恋人を作るために、まずは狙う異性のタイプを決めなければいけない。

「転職でも、どの業界の企業をメインに受けていくか」を決めていくことによって、かなり作業を効率化できます。

具体的には、志望動機の作成や職務経歴書の作成、転職サイトにおけるレジュメの作成が非常に楽になります。

 

仮に、どの業界の企業をメインに受けていくかを決めないと、扱う情報量が極端に増えて、処理できなくなってしまうのです。

だからこそ、

まずは、「どの業界の企業をメインに受けていくか」を決めていください。

web業界、コンサルティング業界、自動車業界などなど、まずは範囲を決めていきましょう!

多くの場合、自分が転職したいと考えている企業が所属している業界ということになるでしょう。

 

その業界にはどんな企業が存在しているのかをリサーチする

まずはその業界にはどんな企業があるのかをリサーチしましょう。

これはいわゆる「アイデア出し」と同じ状態なので、企業をがつがつリストアップしていくパートになります。

リストアップできた企業が、多ければ多いほど良いということですね。

この企業のリストアップ方法として、3つ紹介します。

 

1。転職サイトでリストアップする。

2。Googleを使ってリストアップする。

3。転職エージェントにリストアップさせる。

1。転職サイトで関連企業をリストアップする

最近の転職サイトには「クリップ機能」があります。各サイトで名前は違うかもしれませんが、中途採用を受けたいと考えている企業にタグ付けすることができる機能ですね。

その機能を使えば、関連企業をどんどん調べて、各転職サイトで企業がリストアップできます。

2。Googleを使ってリストアップする。

転職したい企業がありますよね。それをGoogleで調べてみてください。

そうすると検索結果のサイドバーにこんな感じの表が出てきます。

注目して欲しいのは、「他の人はこちらも検索」という部分です。ここに調べた企業と類似する企業がたくさん表示されます。ここに表示された企業を全部リストとして捉えましょう。

これらの企業が中途採用を行っているかも転職サイトや、直接ホームページを訪れて、きちんと調べておいてください。

3。転職エージェントにリストアップさせる。

これはシンプルな方法ですね。転職エージェントサービスに登録し、転職エージェントにあなたの志望する業界や転職したい企業と類似した企業をリストアップしてもらいましょう。この方法が最も簡単かつ楽なので、がっつり利用していきましょう。

 

絶対に使ってみて欲しい転職サイト&エージェント

web上には、非常に多くの転職サイトが存在します。

ぶっちゃけ、できる限りたくさんの転職サイトを使ってみて欲しいというのが本音です。

なぜなら、転職サイト一つ一つに個性や扱っている求人の強みがあったり、また登録されている企業も転職サイト一つ一つでかなり違うからです。

「こっちの転職サイトには、この企業の求人があったけど、この転職サイトにはない」

みたいなことは頻繁に起こります。だからこそ、いろいろ転職サイトを使ってみて欲しいなと。

ここでは実際に私が使い、使用感がよかったものをお勧めとしてリストアップしました。

転職サイト

ウズキャリ

ウズキャリをお勧めする理由としては、

理由1:入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度も伝えてくれているので、入社後のイメージが非常に湧きやすいから。

理由2:ブラック企業を徹底排除している。離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、 全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しているから。

【ウズキャリ第二新卒】はこちらから登録

キャリアトレック

キャリアトレックをお勧めする理由としては、

理由1:AIが搭載されていて、マジで自分のニーズと合致する求人が送られてくるから。

理由2:非常に使いやすいから(個人的に一番オススメの転職サイト)。スマホ用アプリもあって、いつでもどこでも求人情報が見れます。
キャリアトレックはこちらから登録

リクナビNEXT

リクナビNEXTをお勧めする理由としては、

理由1:日本最大級の転職サイトで、就活と同様馴染みあるデザインで、使いやすいから。

理由2:スマホ用アプリもあって、いつでもどこでも求人情報が見れるから。

リクナビNEXTはこちらから登録

 

 

転職エージェント

DODA(デューダ)

DODAをお勧めする理由としては、

理由1:エージェントが客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイスしてくれたり、「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し、あなたの希望と現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探してくれたりするから。

理由2:その過程で、自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことが結構あるから。

DODAの転職エージェントサービスはこちらから登録

マイナビ

マイナビをお勧めする理由としては、

理由1:マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界別の専任制を実施していて、質問すると非常に具体的な答えがもらえるから。各業界出身者が転職してマイナビに入社し、数多く在籍しているようですね。

理由2:マイナビという大企業ならではだと思いますが、保有している求人数が多いため、自分では気がつかなかった優良企業の求人がもらえたりするから。

マイナビ転職エージェントはこちらから登録

 

リクナビエージェント

リクナビエージェントをお勧めする理由としては、

理由1:リクナビエージェント主催の面接力向上セミナーが非常に使えるから!これは一回言っておくいいですよ!私も実際に一度参加し、かなり使える情報をもらえました!

理由2:リクナビエージェントから送られてくる求人がすべて自分の志向にあった的確なものだったから。

リクルートエージェント

 

まとめ

さてさて。下克上転職(RESEARCH part1)を読んでいただきありがとうございます。かなり文字数も増えてきて、ここがちょうど次のステップに行くための区切りになったので、この記事は以上のように転職サイトと転職エージェントの紹介をして終わりたいと思います。

次の下克上転職(RESEARCH part2)に進む前に、必ず転職サイトと転職エージェントへの登録を終了しておいてください。

それが次のPARTへ進むための唯一の条件です。

次のPARTでは、

あなたが転職を希望する企業の人事が、

面接に呼びたくなってしまう志望動機の書き方、職務経歴書の書き方、

そして、

人事がまさに求めていた答えを面接で発言でき、思わず人事の顔に笑みがこぼれてしまう面接の極意

をお教えします。

つまり、次のPARTは下克上転職において、非常に重要なPARTである。ということです。

だからこそ、非常に面白いものにしました!ぜひ読んでください。

次の記事はこちら↓

下克上転職術(RESEARCH part2)

RETURN TOP

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る