下克上転職術(Prologue)

 

こんにちは。池谷です。

この「下克上転職」ではがっつりと転職のことを語っていきたいと思います。

あらかじめ言っておくと、実際に私が行い、転職が成功した方法を1から10まで具体的に書いていこうと考えているため、分量がかなり多くなってしまいます。

しかしながら、それだけ各所にあなたの転職を支えてくれる素晴らしい情報が散りばめられています。読み落とさないように、じっくり時間をかけて読んでくださいませ。

 

 

この下克上転職を読むことで、あなたが得られるものをご紹介します。

 

 

未経験かつ異業種の企業から内定を取るための方法がわかる

インターネットで調べるといろんな転職サイトがあります。それこそリクルートだとかマイナビだとか。そういった大企業のサイトも転職で成功するための方法を教えています。しかし、具体的な未経験かつ異業種の企業への転職方法はどこにも書かれていませんでした。「20代であれば、まだまだポテンシャル採用してくれます。だから諦めずに、頑張って転職しましょう!!」こんなレベルの内容しか書いていないサイトばかり。未経験かつ異業種の企業へ転職したかった私の転職活動は案の定、苦しいものでした。その苦しみの中で得た具体的な未経験かつ異業種の企業への転職するための知識を今回「下克上転職」として、体系化してあなたにお教えします。

 

・2日間かかっていた志望動機の作成を約1時間で終わらせる方法

私は就活の時からそうでした。なかなか志望動機が作れない。酷い時には、一晩中考えても志望動機が作れず、結局インターネットから拾ってきた志望動機の文言をちょっとだけ変えて履歴書に書いて提出していました。志望動機なんて本音を書いてしまえば「今の会社よりもマシだと思ったからです」「給料がいいからです」「福利厚生がいいからです」とかそんなもんですよね。私もそうでした。そんな志望動機が作れなくて悩みまくっている状態から、確実に1時間以内に志望動機が作成できる状態になる方法をお教えします。

 

人事が面接に呼びたくなってしまう志望動機の書き方、職務経歴書の書き方

転職したいなぁと考えていても、なかなか本気になれない。転職活動してる人なんてほとんどそんな感じです。そうなってくると本気で志望動機を考えたり職務経歴書を書いている人の方が少ない。つまり、本気で書けば確実に面接に呼ばれます。この下克上転職では「楽に」でも本気に見える志望動機と職務経歴書の作り方をお教えします。

 

・面接で人事が求めている答えが手に取るようにわかり、それを答える方法

「あらかじめ自分の考えておいた質問の答えを言う」これが王道の面接のやり方でしょ?そんな風に考えているあなたは大きな苦しみを抱えながら転職活動を行うことになるでしょう。なぜなら、そのやり方は圧倒的に間違っているから。今回からちゃんと正しい面接の準備の仕方を実践してください。そうすれば、あなたは確実に人事が欲しがっている質問の答えを言うことができますから。

 

ただ待っているだけで、福利厚生が整ったホワイト企業からオファーをもらえる方法

転職活動者はほぼ100%と言っていいほど、転職サイトを使います。あなたもそして私もその一人ですが、あなたと私の間には決定的にあ大きな違いがあります。それは転職サイトの使い方です。あなたは転職サイトを使ってどんどん企業にアプローチしていくでしょう。私は違います。ただ待っているだけ。ただ待ってるだけにも関わらず、かなりの確率で内定がもらえるオファーが企業側から届くのです。その方法知りたいですか?

 

・面接で緊張して頭が真っ白になっていた私がどんな面接でもリラックスし、頭の回転が早くなったサプリメントを紹介

実は、私はかなり緊張する性格です。特に転職の面接ではいつも緊張してしまい余計なことを口走ってしまったり、本当は言うべきだったことを言えなかったりすることが度々ありました。「全然ダメだった・・・」という悔しい思いに駆られながら電車に乗り、帰宅するという非常に苦しい転職活動をしていました。しかし、まずはこの状態から脱却せねばと、日頃から収集していたサプリメントの知識を使い、面接時に有効なサプリメントを導き出しました。その結果、面接官よりも私の方が冷静なんじゃないか?と思えるくらい平静を保ちながら面接を受けることができるようになりました。そのサプリメントを紹介しましょう。

 

・ほとんどの転職サイトで当たり前のように教えてしまっている確実に面接での評価を下げてしまう間違った方法

私の経験上、最後の最後で悪印象を与えてしまい不合格になった面接がいくつかあります。不合格となった面接を分析していくと、ほとんどの転職サイトで、さも当たり前かのようにアドバイスされていることが原因だとわかりました。おそらく私と同じように、その方法を実践してしまった人は大量の時間とエネルギーと転職面接を受けるために有給を消費しなければならないでしょう。そんな残念なことにならないように、ぜひこの「下克上転職」で、正しい知識を手に入れてください。

 

 

では、これからあなたの「下克上転職」を始めていきましょう。

次のパートはこちらです。↓

RESEARCH part1 〜リサーチ編 その1〜

 

RETURN TOP

このサイトについて


はじめまして。池谷です。

【ブロガー】/日本で1番自分の可能性が拡大する働き方を実践/個人ブログ「into the wild」運営/脳と筋肉を鍛えることにお金を300万円以上投資(現在も絶賛投資中


■詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る