ライフスタイル

毎日毎日ビールを3本から6本飲んでいる人は社畜でしかない理由

こんにちわ、池谷です。

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

・ビールを飲む時間が超絶無駄な理由

・毎日ビールを3本から6本飲んでいる人は社畜でしかない理由

・毎日毎日ビールを3本とか6本飲んでる時間があったら稼いだ方がいい理由

 

 

 

ビールを飲む時間が超絶無駄な理由

「このままじゃやばいな・・・・」

って思いながらも毎日毎日ビールを3本から6本も飲んでる。

 

これが現実です。

 

毎月もらえる手取りは20万程度。

毎月20万だと食費、光熱費、通勤費、スマホ代で約5万円。

そして、家賃で約7万引かれるから残り8万。

 

残り8万だけど、そこから行きたくもない上司とのくだらない飲み会の費用やらなんやらでもっと引かれるから、

正直貯金なんてほとんどできないのが現実ですよね。

 

はっきり言って、

26歳で貯金が200万以下ならば、本当にやばいと思った方がいいかと思います。

 

「このままじゃやばいな・・・」

と思いながらも、土曜日も出勤。

日曜日は疲労困憊で、部屋で何もしないでyoutubeで「弟者兄者」のゲーム実況を見ているか、

BOSSレインボーマウンテンを飲みながら、larkを吸ってパチンコしているか。

 

もしもあなたが20代で、毎日毎日ビールを飲んで社会に打ちひしがれて過ごしているようなら、

30代、40代ももっと絶望に包まれて生きていくことになるかと思います。

 

 

毎日ビールを3本から6本飲んでいる人は社畜でしかない理由

私が知っている人で毎日ビールを3本から6本飲んでいる人は、

なぜか頑固で、サラリーマンとして働くことがお金を稼ぐための唯一の絶対正解と考えています。

 

変にプライドが高く、忍耐力もついてしまい、

苦難や理不尽を何も考えずに受け入れる。

 

そういう生き方を美徳として考えている。

「なぜそういう生き方をしているのか?」

と質問してみれば、「それがサラリーマンだろ」「それがフツーなんだよ」っていう、

死ぬほど浅い答えが返ってきます。

 

 

結局、他人の価値観の中でだらだら生きているからそうなるのです。

確かに、一昔前はそれでもよかったかもしれません。

 

「社畜」「ブラック企業」って言葉は、バブル崩壊(1992年)以前にはありませんでした。

なぜなら、そうやって企業戦士として生きることが普通だったから。

 

ひたすらに働くことで、人に認められ、「モノ」を買うことを追求した時代です。

 

しかし、

もうその常識は現代では通用しないのです。

「モノ」は溢れ、「サービス」だって飽和しかけている。

 

インターネットの繁栄、バブル崩壊後の急激な景気の変動により導入された、能力主義。

終身雇用なんてものはすでになくなってしまいました。

 

 

この経済戦争の中では弱いものが死に、強いものが生き残る。

つまり、圧倒的に「個」という生き方にスポットライトが当てられる時代になったのです。

 

そんな中で変なプライドを持って、

上司にこき使われ、理不尽を飲みまくって生きて、ストレスをためて、

毎日毎日ビールを3本から6本飲んでいる人はすでに時代遅れなのです。

 

 

毎日毎日ビールを3本とか6本飲んでる時間があったら稼いだ方がいい理由

毎日毎日ビール飲んでる時間があったら、稼いだほうがいいと思いませんか?

 

家に帰ったらyoutubeをつけてビールを飲みながら「弟者兄者」のゲーム実況を見て寝る。

 

 

 

そんな生活を送ってても、ヤバイと思ってください。

 

もっとお金を稼ぐ必要があるなら、

その暇な時間をお金に変えてください。

 

社会人になって何か大きな変化はありましたか??

ないですよね。

 

それが「安定」の正体なのです。

 

毎日同じ景色、同じデスク、同じ人間関係、同じような仕事。

それらを淡々を感情を押し殺してこなすのが、安定です。

 

「人生が恐ろしくつまらない」

 

それも「安定」の正体です。

 

最近では大卒と同時に地方公務員になる人が多い。

ちなみに、私の従兄弟も大学卒業と同時に公務員になりました。

 

「安定」を手に入れ、「管理」と「抑圧」の中で生きる彼の精神には、

深く「管理」と「抑圧」が根付いています。

 

 

若くして人が羨むような「安定」を手に入れた彼は

前よりも一層「打算的」で「強欲」な人物となりました。

 

「安定」を手に入れたにもかかわらず。。。です。

 

時には親友であり親戚でもある私を利用して、

自己利益を追求し、誰かに認められたがっている。

 

 

はっきりいって、気持ち悪い。

 

別に地方公務員にならなくたって、「経済的安定」を手に入れることは可能ですよ。

そのためにまずは毎日毎日ビールを3本とか6本飲みまくる生活をやめてください。

 

そして、余った時間をネットビジネスに使ってください。

私たち凡人が成功する方法はそこにしかないと私は考えています。

 

ネットビジネスで稼げるようになってしまえば、

私の従兄弟と同じように、「安定」と引き換えに自分の「可能性」を売り渡さずに済みます。

 

 

言い忘れましたが、

本当の安定って、「目の前にいつでも無限の可能性があること」です。

 

だから、

誰かに雇われている限り安定なんてない。

 

サラリーマンである限り、安定なんて持てないのです。

よくこのブログでは書いているので今回は軽く説明しますが、

ネットビジネスで稼ぐために必要なのは時間と忍耐です。

 

忍耐はすでに持っていると思います。

社会人としてやっていけているならば十分です。

 

重要なのは時間です。

もし作業する時間がないなら、まずは転職することをお勧めします。

話はそこからです。

 

とりあえず、まずはメルマガに登録してください。

無料で転職ノウハウをお渡ししているので。

では、また

 

 

 

この記事を読んだ人は、以下の記事も読みました。

企業のグローバル化でメリットを得る若者とデメリットを受ける若者

男でメンタルが弱い人が絶対知らない3つのこと

天才だけが知っている努力を楽しむ3つの方法

社会人で勉強のモチベーションが上がらない時にすべき5つのこと

アベノミクスの効果と今後2017年社畜になる人とならない人

 

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。