ライフスタイル

電車でスマホしてるサラリーマンが絶対している迷惑行為5つ

こんにちは、池谷です。

 

 

 

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

・電車でスマホしてるサラリーマンが絶対している迷惑行為5つ

・電車での迷惑行為に気がつかないサラリーマンは絶対出世できない理由

・スマホの使い方であなたのサラリーマン人生が決まる

・まとめ

 

 

 

 

電車でスマホしてるサラリーマンがやりがちな迷惑行為5つ

電車でスマホをしているサラリーマンがやりがちな迷惑行為は以下の通りです。

 

1。大音量で音楽を聴いてしまう

2。電車内であってもかかってきた電話に出てしまう

3。スマホゲームに熱中しすぎて周りが見えていない

4。満員電車でもスマホをし続ける

5。優先席でスマホを使ってしまう

 

ではでは、一つ一つ解説していきますね。

 

 

 

1。大音量で音楽を聴いてしまう

実は私もサラリーマンですが、これやりがちなんですよね〜

やっと仕事が終わって帰るときに乗った電車で、あまりの開放感に音量をいつもよりも大きくして聴いしてまう。。。

 

かなりやりがちなのですが、

この帰宅時間ってのが、やはり他のサラリーマンたちとかぶるわけですね。

でもって、電車の中は満員。

 

曲を変えたいなぁと思っても、

満員だから身動きが取れないという。。。

 

自分中心の視点で考えたら、

満員電車のせいで、せっかくの仕事終わりの開放感をぶち壊しにされたということで、

苛立ちを感じてしまうところですが、

少し視点を広げて、他人の気持ちも考えてみると、「やっぱり大音量で音楽を聴くことは迷惑行為だな〜」って思います。

 

 

他のサラリーマンも、

同じようにまたはそれ以上に大きなストレスを感じながら、仕事をしています。

そこからやっと解放され、さあ、帰ろうって乗った電車の隣に爆音で音楽を聴いている奴がいたら、イラッとするものです。

 

 

多分、

それを注意してくるおじさんとかもいると思うんですよね。

私たち若い世代のサラリーマンからしたら、「めんどくせ」って思ってしまうかもしれませんが、

多分彼らは私たち以上にストレスに晒されてきているんだと思います。

 

 

会社の責任だったり、夫婦間の不仲だったり、部下が使えなかったり、

原因は多種多様だと思いますが、結果として巨大なストレスを溜めているのです。

まあ、私たちだって、くだらない上司の飲み会に付き合わされたり、気分屋の上司に気を使わなければいけなかったり、

土曜日が仕事だったり、死ぬほど興味ないことを勉強させられたりしてストレスが溜まっているのも事実なのですが・・・

 

しかし、

「大音量で音楽を聴く」ってことは、

そんな心の狭いおじさんたちに注意されるってリスクがあるってことです。

 

 

「思考の射程」

という言葉があります。

 

私がこの言葉を知った当時は、意味がわかりませんでしたが、

今この言葉について考えると、

「思考の射程」とは、言い換えれば「想像力」のことだなと思います。

 

今回であれば、

「大音量で音楽を聴く」という行為をしたことによって、どんな結果が生まれるのか。

を想像することです。

 

どんな結果が生まれて、その結果が誰にどんな影響を与えて、その影響からさらにどんな結果が生まれるのか?

この連鎖をどれだけ深く長く考えることができるのかが、思考の射程です。

 

 

この思考の射程は、「自分の客観性のレベル」と言っても過言ではないと思います。

自分の一挙一動が、身の回りにどんな影響を与えるのか?

 

例えば、

よく高校生とか中学生が、ゴミを他人の自転車のカゴに入れたりだとか、

ゴミを路上に捨てたりだとか、ガムを路上に吐き捨てたりだとかしていますよね。

 

あれってものすごい思考の射程が狭いと思いませんか?

その捨てたゴミを必ず拾って捨ててくれる人がいて、そのゴミを拾っているときにどんな気持ちになるのか。

きっといい気持ちではありませんよね。

 

その人は不快な気分になり、その結果、誰かに悪口を言ってしまうかもしれない。

悪口を言われた人は、イライラしてタバコを吸ってしまうかもしれない。そのタバコが・・・・

 

もうね。負の連鎖ですよね(苦笑)

 

あくまで妄想の範囲内を出ませんが、

「音楽を大音量で聴くこと」「ゴミをポイ捨てすること」から得られる結果は「誰も良い気持ちにしない」ということは現実です。

 

私も電車の中で大音量で音楽を聴くことは控えたいと思います。

 

 

 

2。電車内であっても、かかってきた電話に出てしまう

この光景を見たことがある人は、多いのではないでしょうか?

 

でも、

かかってきた電話に出て、そこから本格的に話し始める人はほぼいないのではないでしょうか?

 

 

電話に出たとしても、

「すいません。今電車なので、あとで掛け直します」

と言って、切っていると思います。

 

本格的に話し始めてしまう人は、

相当思考の射程が短いか、電話をかけてきた上司が頭が固すぎるくそめんどくさい性格かのどちらかです。

 

 

 

3。スマホゲームに熱中しすぎて周りが見えていない

はっきり言いますが、

サラリーマンでスマホゲームに本気になっている時点でかなりヤバイと思ってください。

スマホゲームによって、人生の大切な時間を死ぬほど無駄にしている事実に早く気がつき、それを改善し、

有限な時間を有効活用する工夫したほうがいいですよ。

 

有限な時間活用をしたい人は以下の記事を読んでおいてください。

参考:スマホの時間が無駄なことに気がついた人から出世していく理由

 

電車内では限られたスペースしかないため、できることが限られて思わずスマホを取り出してゲームをやってしまうかもしれません。

でも、厳しい話そんなことやってたらいつまでも負け組からは抜けられませんよ。

いつまでたっても気分屋の上司の機嫌を取らないといけないし、くだらない飲み会に付き合わされて時間を浪費し続けることになります。

 

 

 

 

4。満員電車でもスマホをし続ける

多分、満員電車でスマホをいじり続けるよりも、

・この満員電車が何故生まれているのか?

・どうやったらこの満員電車を解消できるのか?

・満員電車によって、どんな結果が生まれているのか?

を想像していたほうが、時間を有意義に使えますよ。

 

 

 

 

5。優先席でスマホを使ってしまう

会社員で健康な体があるにもかかわらず、優先席に座り、さらにスマホを使っている人は相当ヤバイと思います(苦笑)

 

その行為によって、

自分がどれだけ大きなリスクを取っているのかということに気がついてないですよね。

 

会社員で健康な体があるにもかかわらず、優先席に座り、さらにスマホを使うことによって、

自分はどんなリスクを取っているのか?

ということを是非考えてみてください。

 

いくら残業続きで疲れているからといっても、それだけは辞めましょう(苦笑)

 

 

 

電車での迷惑行為に気がつかないサラリーマンは絶対出世できない理由

電車で自分がしてしまっている迷惑行為に気がついていないサラリーマンは、

絶対出世できないでしょう。

 

 

なぜなら、

思考の射程が短いから。

 

この「思考の射程」こそ、この記事で一番お伝えしたいことなので、この章でも考察していきたいと思います。

 

思考の射程に関連することとして、

「想像力が創造力の限界を決める」とよく言われています。

 

 

確かにそうなんですよね。

頭で考えられないことは、実現することはできないんです。

なぜなら、もはや「そうしよう」っていうことすら、考え付かないから。

 

漫画NARUTOでも、

そもそもとして「火影になりたい」って考えてなかったら、なれなかったでしょうし、

強くそして大真面目に「火影になりたい」って考えていたからこそ、行動が伴い、苦労の結果実現することができたのです。

 

よくビジネス書には、「現実を変えたいならば行動しよう」と、「行動」を促すことが書かれています。

とにかく、なんかやれ!失敗を恐れるな!と。

 

確かに、現実を変えるためには、行動は必須です。

私もひたすらに行動を促すような、文章を書いている記事もあります。

 

私たちは、小学校、中学校、高校で、ひたすらにインプットが主体の勉強をやらされます。

とりあえず、覚えろ!みたいな。

問題集が渡されて、それでアウトプットの練習をさせられるわけですが、そのアウトプットさえもどこかインプットの様相を帯びていました。

 

問題集に載っている問題がそのまま学校のテストに出てきたこともありますよね。

そんなの、想像力とか思考力とか関係ないですよね。その問題をやったことがあるかどうかだし、その問題の解法を覚えているかどうか。

が大きな問題になりますよね。

 

でもって、

見たこともない問題が出てきたらならば、足がすくんで前に進めないわけです。

それは人生レベルの視点で捉えても、同じことが起こっています。

 

小学生のときには、次は中学生になるってことがわかっているし、

中学生のときには、次は高校生になるってことがわかっている。

高校生の次は、大学生になるってことがわかっている。

大学生は、次に社会人になるってことがわかっている。

 

もうね。私たちは、予定調和にもほどがある人生を生きています(苦笑)

 

だから、

そこから外れるってことが足がすくんで、できないんですよね。

 

その予定調和が、あなたの人生を不幸にしている根本的な原因である可能性が高いため、

多くのビジネス書は行動を促しているわけです。

 

でもって、ビジネス書はひたすらに行動を促しますが、

まず何をすればいいのか?という具体的なことを書いてないことが多いんですよね。

 

これも、多くの人が行動できない理由の一つになっています。

年間新しいビジネス書がたくさん出版されて、ヒットするものもありますが、

多分買った人で何か実践することができたって人は、超絶少ないと思います。

 

理由は同じです。

多くのビジネス書は、まず何をすればいいのか?を書いていないから。

書いていないから多くの人は、実践できずに終わるわけです。

 

厳しい言い方ですが、実践しなければ意味ないですよ(苦笑)

正直、私も人のことを言える人間ではないですが・・・

 

 

 

ここで自ら行動ができる人間と、できない人間の差。

この差は、

「思考の射程(=想像力)」から生まれています。

 

想像力がある人間は

はじめにこうして、そうすると多分こんな結果が生まれて、

その結果から次につながって。。。。

 

という感じで、具体的な行動のプロセスが導き出されるのです。

 

多分、あなたの職場でも、

評価される人って、それができる人間ではないでしょうか?

自分で仮説を立てて、ゴールを決めて、具体的なスケジュールに落とし込んで行動できる。

あとは結果を受けて、徐々に修正していけばいい。

 

そもそも論=そもそもな話、

一番大事なのは、想像力なのです。

 

想像力がないから、電車の中で自分がしてしまっている迷惑行為に気がつかないわけです。

まあ、想像力があっても、大きなストレスを受けると、急に思考の射程が短くなってしまうのも事実です。

 

上司の理不尽なパワハラやほんとどうでもいいような細かい指摘などによって、ストレスが溜まってしまうと、

想像力が働かなくなります。

 

そうなると、頭が真っ白になって、

焦ってしまうってことになります。

多分、あなたの職場にも目を大きく開いて、パソコンにしがみついて、必死の形相で仕事している人間もいるのではないでしょうか?

 

参考:仕事で焦る理由と焦らない方法

 

そういう人って絶対出世できないですよ。

できるサラリーマンは、そうなることをあらかじめ想像していて、そうならないための準備をしてるんで。

 

仕事は準備が8割って言いますよね。

で、準備の精度を上げるのが、想像力なのです。

 

たまに自分の想像の範囲外のことも起こるでしょう。

でも、それも想像の範囲内ですよね。

 

想像の範囲外のことが起こるなんて、珍しことじゃない。そうやって考えておけば、焦ることもなくなくなってきます。まあこれはただの心の持ちようですね。自分がどんなに素晴らしい資料を作って、上司に提出したとしても、もしかしたら上司は昨日の夜、居酒屋で部長に改善点を厳しい言葉で、散々90分も言われていて、機嫌が悪く、まともに資料を見てもらえない可能性だってあるわけです。

 

「上司が昨日の夜、居酒屋で部長に改善点を厳しい言葉で、散々90分も言われていて、言われていて機嫌が悪い」

ってのは完全に自分のコントロールの範囲外なので、想像できたとしてもどうもできないですよね(苦笑)

 

 

 

 

スマホの使い方であなたのサラリーマン人生が決まる

最後にスマホの話ですが、

電車ではよくずーーーっとパズドラかモンストをして過ごしているサラリーマンか、

facebookを見まくっているサラリーマンがいます。

 

マジで、時間が無駄なのでやめてください。

参考:スマホの時間が無駄なことに気がついた人から出世していく理由

 

 

まとめ

・電車でスマホしてるサラリーマンが絶対している迷惑行為5つ

1。大音量で音楽を聴いてしまう

2。電車内であってもかかってきた電話に出てしまう

3。スマホゲームに熱中しすぎて周りが見えていない

4。満員電車でもスマホをし続ける

5。優先席でスマホを使ってしまう

 

 

・電車での迷惑行為に気がつかないサラリーマンは絶対出世できない理由

仕事は準備が8割って言いますよね。

で、準備の精度を上げるのが、想像力なのです。

 

 

 

 

・スマホの使い方であなたのサラリーマン人生が決まる

電車ではよくずーーーっとパズドラかモンストをして過ごしているサラリーマンか、

facebookを見まくっているサラリーマンがいます。

マジで、時間が無駄なのでやめてください。

参考:スマホの時間が無駄なことに気がついた人から出世していく理由

 

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。