メンタル

上司に嫌われる理由!嫌われる人には驚くべき共通点があった

こんにちわ、池谷です。

 

 

 

この記事を読むことによって、以下のことがわかります。

・上司に嫌われる理由って?

・上司に嫌われてしまう人の驚くべき共通点

・上司に嫌われてしまった時の対処法とは?

・まとめ

 

 

 

上司に嫌われる理由って?

1。空気を読まず定時で帰る

2。言われたことをやらないから

3。メモをとらないから

4。知ったかぶりをするから

5。常に急がしそうにしてるから

6。先を考えての行動ができないから

7。時間管理ができていないから

8。素直さがないから

9。責任感がないから

 

以上、上司に嫌われる理由を9個書き出してみました。

書き出してみて気がついたことなのですが、

上司に嫌われてしまう人って友人としてもイマイチな気がしませんか。

 

一緒に旅行に来たのに、空気を読まずに全然楽しくなさそうとか、

約束を破られたり、約束の時間に遅れてきたり、

秘密の内容を人にバラされたり。。。

 

結局のところ、

「素直さ」と「責任感」がない人は上司とか部下とか、友人とか、

関係なく嫌われるのです。

 

言われたことはやるし、

任されたことは一生懸命やり遂げるし、

わからなかったら質問する。

 

本当これだけでいいと思います。

 

 

いわゆる当たり前のことだと思います。

その当たり前のことをこなせていたら、

上司がキチガイでない限り、嫌われないと思います。

 

しかし、

その一言に「当たり前のこと」といっても、

意外と人それぞれで当たり前のことは違ったりしているのです。

 

人それぞれの「当たり前のこと」に違いがあることが、

上司に嫌われる原因になっているのです。

 

中二病や女子高生と同じく、抽象度の低い次元で生きている上司は、

部下に自分の「当たり前のこと」を押し付けてきます。

 

私はそういう上司をキチガイとまではいかないまでも、

ただの中学2年生だと思っています。

 

もしもあなたの上司が中二病や女子高生レベルの抽象度しか持ち合わせていなかった場合は、

残念ながら、一からその上司の「当たり前のこと」を分析していくしかないです。

 

分析していくしかないのですが、

基本的には先ほど紹介した9個のことができていれば大丈夫です。

 

あとはそれぞれのレベルだと思います。

例えば、あなたの「時間管理」のレベルが5だとしましょう。

 

しかし、

上司があなたに求めている「時間管理」のレベルが20だった場合、

その差が嫌われる要因になります。

 

その差をまずは理解し、埋めていくことが上司に嫌われない方法なのです。

結局、

人間誰しも自分が可愛い。

 

自分と同じ価値観や、能力を持った人がいれば、

そりゃ気に入ると思いますよ。

 

上司に嫌われるって、相当きついと思います。。。

きついというか、めんどくさいですよね。

 

多くの人が転職する理由も、そういった人間関係が原因です。

もしもあなたも現在、転職を考えるくらい悩んでいるのならば、

以下の記事を読んでみてください。

 

仕事がきついから辞めたいと思う人が絶対に知らない解決策

 

 

上司に嫌われてしまう人の驚くべき共通点

 

1。仕事が前に進まないのは、自分の責任ではないと思っている人

2。発言だけで行動が伴っていない人

3。失敗したのに黙っている、ミスを見なかった振りをする人

4。ホウ・レン・ソウのレベルが低い人

5。突発的な仕事を嫌がる人

6。いつも人の悪口とかを言っている人

7。うそをつく人

8。やる気ないオーラを出している人

9。プライベートを大切にすぎる人

10。知ったかをする人

 

 

 

なんだか自分で書いてて、苦しくなってきましたw

私がやってしまいがちなのは、

3。失敗したのに黙っている、ミスを見なかった振りをする人

4。ホウ・レン・ソウのレベルが低い人

この辺ですね。

 

ミスったのをバレるまで隠し通そうとします。

凄まじい事なかれ主義者だったので。

これによって、結構怒られたので、

最近はミスった時は、「最悪だー」と感情的になる前に、すぐにミスしたこと報告しに行っています。

 

ミスを隠して、それが大事になった方が面倒なので。

 

あとは報連相ですね。

「これ、報告した方がいいのかな」と迷って報告しなかったことが、

何気に重要なこととだったとかがあるので、

一瞬でも迷った報告しに行っています。

 

なんでも同じですが、迷ったらやった方がいいですよ。

迷った上でした行動でミスったら、「あぁやっていけないんだ。。。」

と学びになるし、

迷った上でした行動で褒められたら「よし、これからもやろう!」

となる。

 

どちらに転んでも学びが多いんですよね。

だからこそ、

「迷ったらやる」

私はこの価値観を採用しています。

 

私と同じように、意外と行動派な人って、

時間管理が苦手だったりします。

 

時間管理がだからこそ「焦る」

 

そんな人のために、以下の記事を用意しました。

仕事で焦る理由と焦らない方法

 

 

上司に嫌われてしまった時の対処法とは?

あ、上司に嫌われてるわー

と思ったら、一緒に飲みに行って、

「あの私の至らない点を教えてくれませんか?」

って聞いてみればいいと思います。

 

 

普通の上司ならば、あなたの至らない点として、

あなたを嫌っている理由を教えてくれます。

 

もしも中二病を患っていたり、

女子高生程度の頭脳しか持ち合わせていない上司ならば、

あなたを嫌っている理由を言語化する能力がないため、教えてくれないかもしれません。。。

 

その時は諦めて、異動願いを提出しましょう。

 

上司からみたあなたの至らない点を聞き出したら、

それを次の日から改善する。

 

これだけで、一気に好感度アップします。

 

はじめに書きましたが、

あなたの「当たり前」と上司の「当たり前」は違います。

 

 

だから、

いくらあなたが自分の当たり前の中で頑張ったとしても、

それが上司にとって「当たり前」でなかったら、意味がないのです。

 

 

超簡単な例を出すと、

武蔵野美術大学に合格したいのに、

必死こいて、化学2の受験勉強をしているようなものです。

 

東大に合格したいのに、

絵画を書き続けているようなものです。

 

それって時間とかエネルギーとか人生の無駄遣いですよね。

「上司の当たり前」を知らずに努力することはそれと同じなんですよ。

 

 

この「当たり前」の話をもっとマクロの視点に拡大すると、

社会の当たり前を知らずに、盲目的に自分が当たり前だと思っている、

サラリーマンを続けていることと同じなんです。

 

 

まあ事実として、サラリーマンは稼げるのでいいのですが、

稼ぐ手段ってそれだけではないのです。

他にも稼ぐ手段ってありますよ。

 

しかし、

大半の人は、物心ついた時から、

死ぬまで、ずーーーっと小さな自分の当たり前の中で生きています。

 

最終的に自分の当たり前の中から抜け出すことって、

ほぼ不可能です。

 

だって、

それができたら真理に到達していますからね。

 

しかし、

ちょっとの努力で自分の「当たり前」を突き崩していくことができるのも

確かです。

 

 

自分の中の当たり前が一個崩れた瞬間を、

「パラダイムシフト」と言ったりもします。

 

今この記事で、あなたの中に「お金の稼ぎ方」の

パラダイムシフトを起こすことはちょっと、今の私にはできないかもしれません。

(いずれはそうなってみたいものですが。。。)

 

しかし、

メルマガに登録してくれた人には、「お金の稼ぎ方」の

パラダイムシフトを起こしてあげることはできます。

 

サラリーマンとして働くことが唯一の正解だと考え、

毎日毎日仕事に行き、理不尽を食らいまくっている人は、

メルマガに登録してみてください。

 

あなたの「恐ろしくつまらない人生」を、

変えて見せるので。

 

 

まとめ

・上司に嫌われる理由って?

1。空気を読まず定時で帰る

2。言われたことをやらないから

3。メモをとらないから

4。知ったかぶりをするから

5。常に急がしそうにしてるから

6。先を考えての行動ができないから

7。時間管理ができていないから

8。素直さがないから

9。責任感がないから

 

 

・上司に嫌われてしまう人の驚くべき共通点

1。仕事が前に進まないのは、自分の責任ではないと思っている人

2。発言だけで行動が伴っていない人

3。失敗したのに黙っている、ミスを見なかった振りをする人

4。ホウ・レン・ソウのレベルが低い人

5。突発的な仕事を嫌がる人

6。いつも人の悪口とかを言っている人

7。うそをつく人

8。やる気ないオーラを出している人

9。プライベートを大切にすぎる人

10。知ったかをする人

 

 

・上司に嫌われてしまった時の対処法とは?

あ、上司に嫌われてるわー

と思ったら、一緒に飲みに行って、

「あの私の至らない点を教えてくれませんか?」

って聞いてみればいいと思います。

普通の上司ならば、あなたの至らない点として、

あなたを嫌っている理由を教えてくれます。

もしも中二病を患っていたり、

女子高生程度の頭脳しか持ち合わせていない上司ならば、

あなたを嫌っている理由を言語化する能力がないため、教えてくれないかもしれません。。。

その時は諦めて、異動願いを提出しましょう。

上司からみたあなたの至らない点を聞き出したら、

それを次の日から改善する。

これだけで、一気に好感度アップします。

 

 

この記事を読んだ方は以下の記事も読みました。

仕事の反省と目標と抱負をミスるとあなたは一生社畜となる理由

仕事が不安で自信がない朝を過ごしている人が知らない最も現実的な対処法

仕事がきついから辞めたいと思う人が絶対に知らない解決策

毎日毎日仕事だけでつまらないし行きたくない辞めたい人が知らないたった一つのこと

ABOUT ME
池谷
<このサイトの運営者> 【ブロガー】/知識ゼロ、経験ゼロ、協力者ゼロ、転職エージェントもほぼ使わずに、自分の力で転職活動を“攻略”した結果、有名コンサルティング企業から内定を獲得。それにより年収が200万円アップ。 また転職サイトに登録後、一流企業からのスカウトメールを何通も獲得するという、転職活動の自動化ノウハウを編み出した。 詳しいプロフィールはこちら>>>
【世界一結果が出る】転職ノウハウを学べる「電子書籍」プレゼントキャンペーン

この電子書籍の特徴は、

僕が実践した転職活動の詳細を網羅しているということです。

内容的にも、まさに、かゆい部分に手が届くようになっています。例えば、

「あなたの強みは何ですか?」

2次面接でよくされる質問の一つです。答えられますか?

面接官がこの質問で聞きたいのは、あなたの現職における「強み」ではないんですよ。

現在、あなたが持ち合わせている経験やスキルで、
うちの会社にどのように貢献しようと考えているのか?

が聞きたいのです。

今、転職活動中であれば、ここはすぐに直せると思うので修正しましょう。

電子書籍ではこういった「意外と誰も教えてくれないけど、かなり大事なこと」にスポットを当てました。

ちなみにこの電子書籍を無料だからと言って、あなどらないでください。

僕はその辺で売っているレベルの本を作ろう、と言う気持ちでこれを作ったのではありません。

「あなたの人生を変えるほどの威力がある武器」

あなたの人生に意味のあるもの=実践すれば本当に、誰でも、素晴らしい結果が手に入るものを作ると言う気持ちで作りました。

それくらい魂がこもっています。
デザインから何から、こだわりを持って作りました。

東京の青山で売っても恥ずかしくないものを作るんだ!という気概で作ったのです。

メールに登録してくれた人限定で、電子書籍「自分の人生を生きるための転職戦略」を“無料”でプレゼントします。

最後に一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。